小山知良の頑張り

皆さん小山知良を知っているだろうか、多分知らない人が大多数だと思う。小山知良はレーシングライダーで、MotoGPの125ccクラスに参戦している。
昨年、一昨年はチーム、マシンの関係で大不振、しかし今年はチーム、マシンが変更され、本人も気分一新で頑張っていた。その小山知良がチームの地元(彼はレーシングチームジャーマニーというドイツのチームに所属している)のドイツGPで見事に2位表彰台を確保した。
125ccはMotGPでは入門編ともいえるもっとも排気量の少ないクラスでライダーも年齢制限があり、小山も今年限りで来年は同クラスでは走れなくなってしまう。その中での2位表彰台確保! いろいろな幸運が重なっての表彰台ということはあるかもしれないが、これも本人があきらめずにレースをしていたからこその結果である。
人間、あきらめず、くさらず、日々の努力を惜しまず、精進すれば結果はついてくると言う証明をしてくれた小山知良に拍手しよう。
ちなみにMotoGPの最高峰のMotoGPクラスでは、これまたヴァレンティーノ・ロッシが骨折からの復帰戦(バイクにまたがるまでは杖をついていた!)で見事に4位入賞した。こちらもビックリである。
[PR]
by motokunnk | 2010-07-19 07:47 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/11574325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 金王八幡宮について/加筆しました 高輪大木戸跡 >>