イチローが10年連続の200本安打達成

10年連続200本安打にあと2本に迫っていたイチローが今日未明に行われたブルージェイズ戦の5回の第3打席でさらりと中前安打をはなち達成したことを朝のニュースが報じていた。
イチローに言わせれば、何でもないことと言うであろうが、他人から見れば大記録であり、これを破る野球人が出現するとは思えない記録である。それほどの記録であるからこそ、マスコミがトップニュースで扱うのであろう。
イチローが10年前にメジャー挑戦したときに、当時のメジャー担当記者からメジャーでヒットを打てますかと質問されたという。これが今では、ヒットがでない日が続くと何故ヒットがでないのかと聞かれるようになった、質問の主旨が変わったことがうれしいとの談話がでていたが、イチローという名前がメジャーで認知された証であるといえる。言い方をかえれば日本人の誇りでもある。
後は、マリナーズが強豪チームに変身し、ワールドシリーズのタイトルを取ることがイチローの残された夢ではないかと勝手に思ってしまっている。
日本では、スポーツ6紙が協同で特集号を出すようであるし、また今朝は号外も発行されたようである。日本中がイチローフィーバーだったようである。私もうれしい限りであるが。

号外はこちら → スポーツ報知の号外
[PR]
by motokunnk | 2010-09-24 19:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/11973671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大船の観音さま 稲荷神社について >>