カルテを残した医師の墓

黒田長政の墓がある広尾の祥雲寺には著名人の墓もある。その一人に曲直瀬玄朔(まなせげんさくと読む)とその一門の墓がある。曲直瀬玄朔といって知っている人は医学の心得があると思う。日本の医学を高水準にまで高め、世界で最初となると思われるカルテなるものを残したことで有名である(この項は渋谷区教育委員会の説明板から引用)。
d0183174_201037.jpg

さてその玄朔であるが、天文十八年(1549)京都に生まれた。本名を正紹といい、通称道三(二代目)、東井と号した。
初代道三の妹の子で、三十五歳の時、道三の養子となり、曲直瀬家を嗣ぐ。十二代にわたり日本の医界に君臨した曲直瀬家の基盤を築いた人である。玄朔の医法は初代道三と同様、あるいはそれ以上に、徹底してプラグマチックであり、医家の諸説を採長補短して自説の中にとり入れるという、基本的には李朱医学ではあるが、非常に幅広い考え方をもった人であった。
玄朔は天正十年(1582)法眼に叙せられ、文禄元年(1592)に征韓の役で朝鮮に渡ったが翌年帰国、喘息発作に苦しむ関白秀次公を治療して著効をあげた。慶長十三年(1608)徳川秀忠の病を治して江戸に招かれる。そして城内に邸宅を賜わって、京都と江戸に交代で住むようになった。玄朔は寛永八年(1631)、江戸で没した。享年八十三歳であった。
玄朔には多くの著書があり、『医学天正記』は、玄朔が28歳のときから58歳までの30年間にわたる診療記録(これが先にいうカルテであろう)を整理し、中風から麻疹に至る60の病類部門に分類して、患者の実名、年齢、診療の年月日を入れ、日記風に記載されているもので、史学の文献としても重要視されている。
現代でいえばマスコミが注目する名医であったと思う。その墓が我家の近所にあるとは知らなかったし、たまたま黒田長政の墓を見ようと思い、出かけたついでに説明板を読んでお参りしたしだいである。
[PR]
by motokunnk | 2010-11-17 20:11 | 記念碑 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/12292764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2011-01-20 15:33
タイトル : 年の初めの東京de黒田長政の墓探訪記 後編
親愛なるアッティクスへ 先週の続きです。 祥雲寺どころか、広尾という所自体、初めて行ったのですが、さすがに東京のお寺は色々と有名人が眠ってますねぇ・・・。 黒田長政の墓の傍らには、長政の次男を藩祖とする福岡藩の支藩、秋月藩黒田家の墓(↑)がありましたが、長政以降の本藩藩主の墓が見あたらないと言うことは、あるいはここにある長政の墓は秋月藩が独自に長政を偲んで建てたものだったのかもしれませんね。 次に見つけたのが、荒井郁之助の墓(←)です。 と言っても、この人物については名前を聞...... more
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2011-01-20 15:33
タイトル : 舌の根も乾く「毛利輝元 傾国の烙印を押された男」出版報告
親愛なるアッティクスへ 昨年末、性懲りもなく、黒田如水・長政・忠之の黒田家三代の葛藤と相克を描いた「黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望」を出版したと申し上げたばかりですが・・・、このたび、その舌の根も乾かぬうちに、道楽ついでとばかりに、 (←)「毛利輝元  傾国の烙印を押された男」 を出版致しました。 (↑ここでも、右下のライフログからでも購入できます。今回は結構、生活がかかっております(笑)。) どなた様も「黒田家三代」ともども、宜しくお願い致します。 ただ、この作品は、タイ...... more
Commented by heitaroh at 2011-01-20 15:58
曲直瀬家の墓があるのは私も気づきました。
ただ、玄朔という人物は存じ上げませんで、曲直瀬道三という人なら、多少、知っており・・・。
名医の誉れ高い人で、中央での知名度も高かったのでしょう、毛利元就の晩年には初代が、孫の輝元の時代にはその甥の道三が深く関わっており、以前、毛利輝元についても小説を書いたものですから、それで知ってました。
ただ、曲直瀬道三は、あるいは玄朔の縁者ではないか・・・と思い、一応、見てみたのですが、墓は見あたりませんでしたので、こちらを拝見するまで同一人物だとは知りませんでした(笑)。
Commented by motokunnk at 2011-01-20 21:04
heitaroh さん こちらのブログ記事にもコメントいただきありがとうございます。私も黒田の墓のことは知っていたのですが、同じ寺に曲直瀬玄朔の墓があることまでは知りませんでした。散策しているといろいろ勉強になります。
<< 幡ヶ谷不動はどこにある 近所にある芭蕉の句碑 >>