AFC準決勝で日本が勝ち決勝進出!

昨日は、帰宅後夕食をとりブログを書いて風呂に入りととここまではいつもと変わらない生活リズムであった。変わったのはその後である。
いつもはTVを見ながら眠くなるとTVを消して寝るのであるが、昨晩はTVで日本対韓国のサッカーアジアカップの準決勝を観戦してしまった。あんなにもつれるとは思わず、午後10時半にキックオフであるから今日になるくらいに結果がでるであろうと軽い気持ちで見てしまったのだが、試合終了が午前1時過ぎ、延長フルタイムのうえにPK戦投入、これほどまでの試合になるとは夢にも思わなかった。結果はよく知っていると思うので、私なりの感想を述べることにする。
まず、日本代表についてであるが、前半に得点をあげリードして後半に入れた試合である。前半あれだけ押し気味に試合を進めていたのであるから、あと最低でも1点、運河よければ2点を取って点差をつけた形で後半に臨みたかった。
その結果として後半、韓国の戦術変更についていくことができずに防戦一方、延長前半にPKくずれで勝越点をあげるものの、本当にあと後数秒でタイムアップというところで同点に追いつかれてしまった。PK戦で勝利したからいいようなもののもし負けていたら、岡崎などは前半の決定機をはずしてしまうなど(本田圭も同様)、新聞でたたかれていたのではないか。PKを与えてしまった今野もそうであろう。
あるスポーツ紙の見出しでは「川島止めた! 今野決めた!」とあったような気がしたが、今野にしてみれば日本が勝って一番ホッとしていると思う。
さて韓国代表にしても後半、そして延長を通してあれだけ攻め続けていたのだからもう少し早く得点する機会を作って当然だと感じていたのは私だけではないと思う。大半の韓国人や韓国チームを応援していた人はそう感じたはずであるし、延長に日本に与えられたPKもあれは主審と副審でジャッジが違い、FKではないかと考えていると思う。
さて決勝の相手はオーストラリアとのこと、ミスは最小限に抑えてチャンスを確実にものにすることを徹底する必要が勝利への近道と考える、ぜひ日本代表には頑張ってもらいたい。
夕方のネットニュースでは香川が今日の代表練習に参加しなかったという記事がでてた。韓国戦で途中交代して心配していたが試合中に右足甲を負傷したとのこと、大事に至らないことを祈るのみである。ベストメンバーでオーストラリア戦を戦うこと、それが優勝への絶対条件と考えるがどうであろうか。寝不足な一日がようやく終わろうとしている。今日は早く寝よう!
[PR]
by motokunnk | 2011-01-26 20:05 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/12764069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ただ捨てられる命について考える 昭憲皇太后大喪儀葬場殿跡・代々... >>