琢磨残念、8位に終わるが収穫はあったと思う

今日からGW後半戦の3連休がスタートする。昨日は出社はしたが、朝電車(久しぶりに電車通勤である)に乗ったが、ラッシュとは程遠い空席はないが、立っている人もまばらという休日のような混み具合であった。会社も出勤している人は数少なく、電話もそれほどなく、仕事に集中できる環境ではあった(急ぎの仕事はない私ではあったが、普段できない仕事をこなした一日であった)。
さて、きょうはインディカーレースの話題について語りたい。インディーカーレースの第3戦は本来は日曜日(日本では月曜日早朝)に行われるはずであったが、レース開始後に雨が降り出し、順延となってしまった。日本から唯一参戦している佐藤琢磨は中断前には3位という絶好のポジションにいたので、結構注目していた。
TV放送はないので今朝のネットニュースで結果を調べると残念ながら8位に終わってしまった。レースレポートを読んでいくとなんと終盤まで23周にわたりトップを快走したというではないか、イエローコーションの読み違いでトップの座は守れなかったが、そしてレース序盤で下位に沈んだドライバーが表彰台確保というラッキーなことを考えると8位は非常に残念な結果ではあるが、琢磨のドライビングテクニックは十分インディカーレースの世界で通用することを証明(今回はブラジルのストリートサーキットであったことを割り引いても)できたと思うし、5月末に開催される伝統のインディ500に向けていい仕事ができたのではないかと思う。
今日から3連休後半であるが、うれしいことに地方競馬では交流重賞が各地で開催される。実は昨日から交流重賞レース(JRA・NRA所属の競走馬が同時に同じレースで雌雄を決するレースのこと)は開催され、船橋で開催されたダイオライト記念では武騎乗のスマートファルコンが逃げ切りで圧勝している。3日は名古屋競馬場でかきつばた記念、4日は園田で兵庫チャンピオンシップ、そして5日は船橋で交流G1のかしわ記念が開催される。かしわ記念にはエスポワールシチー、フリオーソというダート界の重鎮(トランセンド、スマートファルコンと加えた4強がダート界を引っ張っているようだ)がしかも同枠で出走するので非常に楽しみである。地方競馬のサイトでレース映像は見れるが、果たして生で見れるのか今日試してみようかと思う。

琢磨のレース結果について → http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=33311
琢磨の所属チームの公式ホームページ → レースリポートと写真が掲載(ただし英語)
地方競馬情報サイト → http://www.keiba.go.jp/index.html
[PR]
by motokunnk | 2011-05-03 08:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/13503088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< みやしたこうえんと渋谷はるのお... 庭園美術館の花たち >>