かたい決着となったNHKマイルカップ

終わってみれば、1~3番人気馬がそのままの順位で1~3着に入ったある意味順当な結果に終わった今年のNHKマイルカップであった(実際には締め切り直前に3番人気はエーシンジャッカルになったようであったが)。
ただスタートした段階では私の本命指定したコティリオンが出遅れてしまい(ただ、解説の鈴木調教師の話を聞くと、前に馬をおいたレースをしたかったのでわざとではないかとのこと)、しんがりを追走する形となってしまった。
小牧にしてみれば、わざとかどうかはわからないが、この段階で最後の直線勝負にかけるレースを選んだのだと思う。そしてその最後の直線では前レースの毎日杯に劣らない見事な差し足で16頭を抜き去りあと1頭というところがゴールであった。
グランプリボスは前に馬をおいてレースができたことが勝因であろう。コティリオンの枠順がもう少し内枠であればグランプリボスをとらえられたのではと思う。枠順もその馬の持っている運であるからこれもまた競馬、穴馬が勝つレースも面白いが人気通りに決着するレースもまた見ていて面白いものである。
そういえば、今日の新潟大賞典で昨年ブレイクした丸山元気がセイクリッドバレーで見事初重賞を達成した。3年目での重賞制覇となるが、これからどんどんうまいジョッキーとなっていくことを期待する。

NHKマイルカップの結果 → 11R NHKマイルC(G1)

1
[PR]
by motokunnk | 2011-05-08 18:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/13537720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 散歩を楽しく/東京建築さんぽマップ 憲政記念館と日本水準点 >>