日本ダービーの枠順発表

いよいよ年に一度の競馬の祭典、日本ダービーである。イギリスでは宰相になるよりダービー馬のオーナーになる方が難しいといわれるほど、ダービーを制することは競馬に関わる人にとっては夢のようである。
さて今年もそのダービーの季節がやってきた。そして今日、枠順が発表された。木曜日に枠順が発表されるようになったのは数年前からだと思うが、ネット社会となって馬券も金曜日から発売され、時代はかわってきているなあと実感するしだいである。ダービーであるが、今年の本命は皐月賞馬のオルフェーヴルが2冠なるかと言われているが、クラブホースでダービー馬となったのは過去2頭しかいないそうである。従って、オルフェーヴルもそのジンクスによれば消えてしまう可能性が大である。
ただ私の期待する馬もクラブの馬なのでジンクスめいたものは排除してほしい。さて密かにこの馬と思うのはユニバーサルバンクである。騎乗するのは福永祐一であり、この人今年のクラシック路線の主人公になるのではと昨年末には言われていた男である。牡馬はウインバリアシオン、リベルタスの2頭、そして牝馬はレーヴディソールとクラシック候補の主戦であったが、ご存知のようにレーヴは骨折、リベルタスとウィンバリアシオンは不調となってダービーではユニバーサルバンクの騎乗となってしまった。
この馬は松田博資調教師、レーヴと同じ調教師であり、何かの因縁を感じる。そして馬の脚質であるが、先行逃げ切りのようである。外枠となってしまったが、ダービーといえば福永を例にすると数年前のアサクサキングスが逃げて2着となるなど、サニーブライアンの例をだすまでもなく、外枠から一揆に逃げるという競馬も成り立つようである。オークスでも逃げたピュアブリーゼが2着になるなど外枠=逃げ馬という図式はありそうである。そして日曜は重馬場となりそうなので、ネオユニバース産駒のこの馬にとっては有利かもしれない。
ということでダービーはこの馬を中心に考えたいと思っているが、土曜日の予想までは時間があるので変わっているかもしれない。

予想はこちら → 日本ダービーの予想

日本ダービーの枠順 → http://www.sanspo.com/keiba/race/derby.html
[PR]
by motokunnk | 2011-05-26 19:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/13655684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 福島原発の吉田所長は時の人? 散歩を楽しく/番外編 >>