なでしこJAPN、ワールドカップで初のベスト4進出

早朝からTVを見ていたかいがあったというものだ。歳をとると、朝トイレに起きるものであるが、今朝も5時過ぎに目がさめた。TVをつけると女子サッカーのワールドカップ準々決勝がライブで放送されており、スコアは0-0の接戦であった。
後半開始早々であったのでそのまま見ることにした。女子サッカーというと澤選手ぐらいしか名前と顔が一致しないが、何でも澤選手の言葉によれば今回のチームは史上最強で今回のワールドカップでメダルがとれなければいつ取れるかわからないとのこと、ちょっと期待をしてみることにした。
解説者によると対戦相手のドイツは前回のワールドカップの勝者であり、まして地元開催とあって絶対に負けられないとのこと、確かに日本のパスはよく通ってはいたが決定機はつくることができなく、逆にドイツも高さを活かした攻撃はするが決定機まではいかずに90分間の試合は終了して延長戦へと突入したいった。
延長前半で澤選手がトラブルでピッチ外へでてしまうがほどなく復帰、安心する。なんだかんだで前半終了し延長も後半へ。実況によれば準々決勝のイングランドVSフランスも延長戦でも決着がつかずにPK戦となりフランスが勝利したとか、この試合もPKまでもつれこむかと思っていた矢先に敵ボールを中盤でカットした岩淵が澤にパス、そして澤からのロングパスにFW丸山が反応して確度のないところから見事なシュートを決めてのどからたがでるほど欲しかった先制点を挙げることに成功した。
そしてその後はドイツの攻撃をGK海堀のファインセーブあり、DFラインの好守ありと最後の5分はゴール前の攻防をよくしのいで女子サッカーとしてワールドカップ初のベスト4進出を成し遂げた。大会前から今回の目標はベスト4入りと公言していたことを見事に実行したあたり見事である。試合後のインタビューではこれで満足せずに優勝を目指すというたくましい発言もあり、何だか期待ができそうである。イングランドに敗れたときにやっぱり決勝トーナメント進出はできたが、ベスト4は困難科と思っていた自分の予想がいい方向で外れたのはいいことであった。
次の対戦相手はまだわからないが、試合の疲れを癒してまた夢を与えて欲しいものである。最近は暗い話題ばかりで明るい話題がない日本である。そういえば大震災で被災した鮫島にとっては被災地を励ます素晴らしい勝利であったのではないかと思う。頑張れなでしこJAPAN!

試合結果 → 朝日新聞記事

私の関連するブログ → なでしこJAPANが快挙、ワールドカップで決勝進出!
私の関連するブログ → おめでとう、なでしこJAPAN、世界一!
私の関連するブログ → TVと新聞、ネットはなでしこジャパンの話題でもちきり
私の関連するブログ → なでしこジャパンのW杯トロフィー
[PR]
by motokunnk | 2011-07-10 07:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/14048846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 海外フォーミュラ活躍する2人の... 散歩を楽しく/根津美術館への道筋で >>