なでしこジャパンのW杯トロフィー

今日から5週にわたり(間で走でない日もあるが)、勤務している会社では夏の節電対策の一環で年休取得推進を奨励している。奨励といってもエアコンはつかず、社員食堂も閉店しており、急用のない者は出社するなといっているようである。
これも東京電力からの強い要請なのであろうと思う。私個人にしてみれば3連休となるわけだが、出席しなければいけない外部の委員会もありその日程をいれてもらうことで年休を有意義に活用することとした。午前中はその委員会に出席した。さて午後はどうしたかというと、ニュースで報道されていたので知っている人は多いと思うが、なでしこジャパンのW杯優勝トロフィーがサッカーミュージアムで公開されているということでそちらを見学することにした。
d0183174_19105089.jpg

恥ずかしながら、サッカーミュージアムがどこにあるのか知らなかったので、ネットで場所を確認していざ本郷三丁目へと足を向けた。平日ということで空いていると思っていたのが間違いで夏休みのせいか、子供連れの家族が多数来館しており、トロフィー見学まで待ち行列ができていた。さすがに初日ほどの混雑ではなかったが、「トロフィー見学まで小1時間はかかりますよ」と場内整理をしている担当員が話していた。
また、展示は地下の有料フロアで行っているのであるが、たまたま私の数人後から入場制限がかかったようで、入場券発券装置が売り切れ表示となったようである。
d0183174_19111350.jpg

ミュージアム自体は1階に澤が獲得したMVPと得点王のトロフィーが飾られている。また「優勝おめでとうのランの鉢植え」がところ狭しとおかれていた(多分、そうだと思う)。そして地下の有料フロアは先の2002年W杯の記念展示がメインで、当時の記憶が呼び戻されてなつかしく感じた。トロフィーまで1時間程度であったが、そんなに退屈せずに各コーナーの展示内容をじっくりと読むことができ、ある意味では有意義な時間が過ごせた午後であった。
d0183174_19112940.jpg

トロフィー自体はTVでみたものと同じ(当たり前!)であるが、やはり実物は何とはいえない迫力があった。
明日はもっと来館者が多いのではと思うが、私も含めて女子サッカーがブームで終わらないように継続して応援していかなければならないとサッカーミュージアムを訪れて感じたしだいである。なでしこリーグの開催場所が大人数が収容できる会場に変更になったとの記事もあり、一時の人気だけでなく、定着した人気となってほしいし、そのためには9月開催のオリンピック予選で結果をだし、ロンドン行きの切符を手にすることが必須である。なでしこジャパンには休む暇はないと思うが頑張ってほしいし、今のなでしこジャパンを見ている限りでは大丈夫とは思うが、、。

サンスポの記事 → なでしこ世界一トロフィー“4時間待ち”
サッカーミュージアム → 公式ホームページ

私の関連するブログ → なでしこJAPN、ワールドカップで初のベスト4進出
私の関連するブログ → なでしこJAPANが快挙、ワールドカップで決勝進出!
私の関連するブログ → おめでとう、なでしこJAPAN、世界一!
私の関連するブログ → TVと新聞、ネットはなでしこジャパンの話題でもちきり
[PR]
by motokunnk | 2011-07-29 19:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/14226918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 原子力保安院の説明会招請とやら... 散歩を楽しく/渋谷の駅と広場を... >>