なでしこのみる未来とは

最近よく見るホームページに「あらたにす」というページがある。新聞の主要3紙の社説を見比べるページがあるホームページである。
その中のページの新聞案内人というページがあり、各界の著名人がエッセイ的なものを書いている。その中にスポーツジャーナリストの吉井妙子が今日のブログタイトルと同じ「なでしこのみる未来とは」(わたしのブログタイトルのほうがパクリだが)とういうレポートを書いている。
いうまでもなく、女子サッカーチームの愛称であるなでしこジャパンのことであり、レポートは主将の澤んいついて書かれている。澤はW杯が終了してからほとんど休み間もなくTV出演や取材対応に追われているそうである。
あまりの多忙さゆえに体調を崩さないかが心配のネタであるが、澤自身のコメントによれば今が体調面で好調を維持しているという。何故忙しいのに体調面で好調を維持しているのか、それは「昼間に練習ができること」だそうである。
今まで女子のサッカー選手の場合、仕事が終わってから夜にサッカーの練習をしていたそうである。男子はサッカーで禄を食んでいる人(いわゆるプロ)ばかりであるが、女子はプロはほんの一握り!、大半が昼間は仕事で夜サッカーの練習をしているそうである。
それが、W杯以後はチームの親会社などが女子チームの待遇面を改善して日中の練習をOKにしたそうである。やはり人気がでるとクラブの対応が違うようである。
澤の言葉によれば、日中練習ができるので非常に体調面を好調に維持することがたやすいそうである。多分、他のなでしこジャパンのメンバーも同意見ではないかと思う。
またまた澤の言葉になるが、なでしこジャパンは女子サッカーの底上げを目指しているので、W杯優勝に浮かれないで次の五輪代表をゲットし、五輪でも優勝したいと言っているそうである。
不人気の時代を知る澤がリーダーとなって女子サッカーの底上げを図る、すばらしい考えだと思う。
レポートの最後にはこのフレーズでしめられている「なでしこには、自分のことだけを考えてピッチに立っている選手は一人もいません。女子サッカーの未来を見つめているんです。だから、頑張れる」
この考えがあれば、五輪代表切符獲得は大丈夫であろう。おりしもNHKがなでしこジャパンの五輪予選全試合を生放送することを今日発表した。

新聞案内人のページ → なでしこがみる未来(吉井妙子)
[PR]
by motokunnk | 2011-08-12 19:36 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/14335229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日から夏季休暇 五山の送り火問題について考える >>