パリダカと菅原義正について

パリダカールラリーというのをご存知だろうか。30年ちかく前になると思うが、年末から年始にかけてパリからアフリカ・ダカールまでを車とバイクで走破しようとするラリーが開催され人気を得たものである。
その後、主としてアフリカ大陸の治安の悪さから何年間にわたりコースが変更となるなどし、近年は南アメリカ大陸に舞台を移して開催されている。1987年には三菱で篠塚健次郎が乗るパジェロ(改造されているのは当然だが)が見事に総合優勝をとげている。
さてそのパリダカであるが、恵比寿三丁目にジャパンレーシングマネージメントという会社があり、そこの代表である菅原義正がパリダカの連続挑戦記録で世界記録を達成しているそうである。ご覧のようにギネス認定のプレートが貼られている。
d0183174_895957.jpg

多分実際のラリーでも使用しているであろう整備用トラックで見えにくくなっているが、参加したときのゼッケンが壁にところせましと貼られている。
2005年からは息子である菅原照とともに親子参戦を果たしているとのこと、以前は興味があり、ネットニュースなどで注目していたが、ひょんなことで身近にチーム菅原の本拠があることを知ったので、この年末、ダカールラリーに注目してみようかと思う。
一方、モテギでは今年で開催最後となるインディジャパンが開催されている。今年予選はポール2回奪取などと活躍している佐藤琢磨とスポットで武藤が参戦する。予選結果は佐藤が11位、武藤が22位と低迷してしまった。放送も以前は地上波でちょっと遅れてではあったが、ほぼ生放送であtったが、今年はCSも含めて深夜に放送となっている。
日本開催最後のインディジャパンである。なんとかCS放送でも生放送して欲しかったが、CSといえどもスポンサーあってのこと、モータースポーツにはスポンサーがつ¥きにくい表れなのかもしれない。佐藤琢磨にはこのブログでも時々とりあげているので地元でのキレタ走りを期待したい。
さて今日はこれから、近所のお祭り探索に出かけようかと考えている。

JRM → Japan Racing Management Homepage
[PR]
by motokunnk | 2011-09-18 08:10 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/14581226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 散歩を楽しく/小さな神社の例大祭 散歩を楽しく/もうひとつの秋祭... >>