今シーズン初めてのF1・TV観戦

昨日の夜、久しぶりにF1のTVを見た。午後11時過ぎから見たのであるが根性がなかったので最後まで見ることはなく睡魔に襲われて寝てしまった。ということで結果は今朝知ったわけである。
F1で唯一のナイトレースということもあり、レースシーンの迫力は久しぶりでも十分に感じることができた。さてレースはポールポジションからスタートしたベッテルがトップを譲らず終わってみれば今シーズンの9勝目をあげてしまった。
14戦で11回のポールポジション、13回のフロントロー、13回の表彰台とどこまで強さを発揮すれば満足するのかと思うほど完璧なシーズンを過ごしている。チャンピオン決定は日本GPまで持ち越されたが、2年連続のチャンピオンは決定したも同然のシンガポールGPであったと思う。
期待された小林可夢偉はブルーフラッグの見落としによるドライブスルーペナルティのため14位にとどまってしまった。日本GPでの巻き返しを期待しようではないか。

レースリポート → WebCGから
[PR]
by motokunnk | 2011-09-26 19:09 | スポーツ全般 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/14638252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 物欲煩悩妄想日記 at 2011-09-26 20:16
タイトル : 2011F1 新嘉坡決戦 “魔都蹂躙赤牛隊歓喜直前編”  
2011F1 新嘉坡決戦 “魔都蹂躙赤牛隊歓喜直前編”   2011.09.25... more
<< 使い捨てライターの規制はじまる 散歩を楽しく/交通インフラ整備中 >>