女子選手初の快挙、沢が最優秀選手!

全国のサッカー担当記者の投票による2011年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)に、女子日本代表の沢穂希が選ばれた。
これは史上初のことだそうだ。投票総数202票のうち、澤は138票を集めた。2位は長友佑都(インテル・ミラノ)とレアンドロ(柏)で14票。香川真司(ドルトムント)が6票で4位だったそうだ。
ダントツでの最優秀選手賞獲得である。沢のことだから、謙虚に自分がうまいのではなく、まわりが助けてくれたから受賞できたというであろうが、まだまだ女子サッカーは世間ではブームとしてしかとらえられていない気もするので、ロンドン五輪でまたメダル獲得してブームをブームだけでなく、しっかり根付かせて欲しい。
それが沢の役割だろうと思うし、本人もそのことがよくわかっていると思う。おめでとう沢穂希、そしてがんばれ沢穂希!

新聞記事 → 沢、女子選手初の年間最優秀選手
[PR]
by motokunnk | 2012-01-27 19:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/15337229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日は検査にいってきた 富士山から日露戦争へ >>