4年前の再現となったスーパーボウル

4年前と同様、手に汗握る展開とはこのような試合のことであろう、と言ってこれから録画放送を見るつもりであるが、スコアを見る限り大接戦のようであった。
ジャイアンツとペイトリオッツという4年前と同じとなった今年のスーパーボール、4年前はペイトリオッツのシーズン全勝優勝がかかっていたのをジャイアンツが阻止した一戦であった。
今年こそとペイトリオッツは意気込んでいたであろう、事実前半のスコアを見る限りブレディのパスがとおり、前半終了間際に10-9と逆転している。後半に入っても1TDを加えて17-9とリードしたところまでは4年前の雪辱かと思われたが、そこからジャイアンツに2FGを返されて17-15と2点差に詰め寄られてしまう。
そして残り4分弱からジャイアンツ怒涛の反撃が開始された。イーライのパスが連続して決まったようで、一気にペイトリオッツゴール前に進出! そして残り1分となり、RBブラッドショーがTDランを決めて、17-21と逆転に成功し、残り1分弱を守りきって晴れてスーパーボールチャンピオンとなった。
前回はその前年に兄のペイトンがチャンピオンとなったので兄弟でスーパーボールチャンピオンともてはやされたようだが、これで偉大な兄を抜く2回目のスーパーボールMVPとなった。イーライは素質は兄以上と言われており、マニング兄弟がNFLに君臨する時代の到来かもしれない。兄も怪我を治して来期は是非兄弟対決が見てみたい。
さあこれからTVを見ることにしよう。感想はその後で!

ブラッドショーが逆転TD/詳細 → 日刊スポーツ
NFL → NFL Japan HomePage
[PR]
by motokunnk | 2012-02-06 19:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/15389164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ビスコが過去最高の売り上げを記録 恵比寿という街の由来と豊沢貝塚 >>