なでしこジャパン、アルガルベカップでアメリカから90分で初勝利

なでしこジャパンがまたまた快挙というべき仕事をやってのけた。今まで90分の試合時間では1度も勝利したことがなかったアメリカに1-0で勝利したのである。
それも大黒柱の沢が試合直前の体調不良でベンチ入りもできない状況での勝利は非常に価値があるように思う。この大会から沢にかわり主将となった宮間の談話ではアメリカチームはドイツW杯のときとは雲泥の差があり、身体にキレがなかったという。
確かに試合前半しか見なかったが(睡魔にはかてずに寝てしまった)、その間W杯に比べて、なでしこジャパンはボールの獲得率は高かったように思うし、解説もそのような話をしていた。唯一のピンチはFKからヘッディングでゴールされたことぐらいであった。このゴールもオフサイドでノーゴールとなったが、ピンチといえるのはこの程度であった。
新聞によると後半はけっこう押されたようであるが、途中出場のMF高瀬のヘディングで先制点をあげ、その1点を守りきっての勝利、レギュラーとはいえない高瀬が決勝点をあげた点や、沢抜きでも戦えたことなど実り多いアメリカ戦であったといえる。
決勝はドイツと決まったそうであるから、W杯の再現をドイツ戦でも見せて優勝を勝ち取ってロンドン五輪へのはずみをつけてほしいものである。

スポーツ報知 → なでしこ、米国に初!90分勝ち!
[PR]
by motokunnk | 2012-03-06 19:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/15534695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 梅祭りが終わる頃に梅の花が開花! 海陽学園を知ってますか? >>