ベッテルの優勝、ライコネンの2位、主役が揃った!

F1も早くも第4戦のバーレーンGPである。昨年は政情不安で中止され、F1開催は2年ぶりであった。予選は昨年のチャンピオンのベッテルが今シーズンの初ポールポジションを獲得し、そろそろレッドブルの本領発揮かと思われた。
そして昨日の決勝レースである。スタートシーンは覚えているが、その後は睡魔に襲われて寝てしまった。やはり翌日の朝が気になる身にとっては日曜深夜まで起きていることはつらいのである。
さていつものようにネット記事を読みながらの感想を書くことにする。スタートを決めたベッテルが2番手以下を引き離しにかかり、昨年までの強いベッテル+レッドブルを見せ付けてそのままゴールまで突っ走ると思いきや、ロータスのグロージャンとライコネンのコンビが追い上げを開始し、ベッテルに迫る勢いで2、3位にポジションアップした。
そしてグロージャンを抜いたライコネンは2回目のピットストップが終わったときは2秒後方までせまり、ベッテルを抜くのは時間の問題かと期待させた。しかしベッテルもしぶとく2秒の差をキープしながら今シーズンの初優勝を決めたようである。
ベッテルとライコネン、そしてバトン、ハミルトンを加えたチャンピオン経験者がその実力を発揮し、史上まれにみるチャンピオン争いが繰り広げられそうな展開である。4戦を終了して全て優勝者、マシンが違うシーズンも珍しいことであり、この4人にロズベルグを加えた5人がチャンピオン争いを繰り広げるのではないかと思う。非常に楽しみなシーズンとなってきた。日本人としては小林可夢偉の活躍を期待したいのだが、昨日のレースは2回ストップではタイヤが持たずに13位とポイント圏外となってしまった。スペインGPではポイント獲得目指して頑張って欲しい。

ASWeb → キミとの新旧王者バトルを制しベッテルが今季初V
[PR]
by motokunnk | 2012-04-23 19:30 | スポーツ全般 | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/15765852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from E's Monologue. at 2012-04-23 20:50
タイトル : ベッテル復活の勝利(2012第4戦バーレーンGP)
昨年の政情不安定から2年ぶりの開催となったバーレーン、これを制したのはレッドブルのS.ベッテルでした。ポールtoウィンの見事な勝利で、レッドブルに今期初優勝をもたらしました。2位にはF1復帰後初表彰台のK.ライコネンが、3位には自身初表彰台のR.グロージャンのロータス勢が入りました。レースはベッテルを調子が上がってきたロータス勢が追い上げる形で進行。それまで好調だったメルセデスやマクラーレンは今ひとつで結果を残せませんでした。小林可夢偉はスタートで唯一プライムタイヤを選択しましたが、結果に残すことはで...... more
Tracked from VAIOちゃんのよもやま.. at 2012-04-23 23:08
タイトル : F1 2012 第4戦 バーレーンGP 決勝
予選ではベッテルが今季初のポールをGETした2年ぶりのバーレーンGP。今年はBS放送で23:00〜がスタンダードなんですが、今回は何故か23:30〜の放送。それでも地上波時代よりは早い時間 ...... more
Tracked from 物欲煩悩妄想日記 at 2012-04-24 00:15
タイトル : 2012F1GP Rd.04 巴林 “熱砂決戦英雄帰還編”
2012F1GP Rd.04 巴林 “熱砂決戦英雄帰還編”2012.04.22.... more
Tracked from 蔵前トラックⅡ at 2012-04-25 01:06
タイトル : 2012年 F1バーレーンGP ライコネンの猛追を振り切..
結果は以下の通り。(「F1通信」より) まず結論から言うと、無事に開催され、終了... more
<< なでしこジャパンの五輪組み合わ... 散歩を楽しく/アースディと新型... >>