ダルビッシュあわや完全試合、岩隈も好投、スカイツリーからは試験電波が流れている

今朝は通勤時の土砂降りの雨でズボンの裾がびしょびしょになってしまった。渋谷駅までの道のりでの出来事であった。たかだか10分以内の徒歩であるが、ビル風が強いので前を歩いていたOLとおぼしき女性は傘をさすのをあきらめて濡れ鼠姿で小走りに歩いていたがオフィスに着替えはあるのであろうかとあらぬ心配までしてしまいそうな土砂降りの雨であった。
プロ野球も先月31日にセパ12球団が同時開催したが、MLBでも熱い戦いがはじまった。そして今日、2009年のWBCで侍ジャパンを優勝に導いた2人の投手が大活躍(一人はそうだが、もう一人は活躍程度か?)した。
大活躍したのは、レンジャーズのダルビッシュである。開幕第2戦に先発することは以前から決まっていた。そして今年から同一地区にはいったアストロズ戦で快投を魅せた。毎回三者凡退を繰返し、また三振の数も半端な数字ではなく7回を終わって12とアウトの半分以上は三振であった。
味方打線は3回に先制した後なかなか追加点がとれなかったが、7、8、9回にそれぞれ2点を挙げて9回までに7-0とワンサイドのスコアとなり期待はダルビッシュの完全試合達成であった。そして2アウトまで簡単にとったのだが最後の打者となるべきゴンザレスに痛恨のセンター前ヒットを打たれて完全試合はお預けとなってしまった。
その後はリリーフが抑えて開幕戦勝利となったが、ホントに惜しい開幕であった。今年のダルビッシュは期待できそうである。コントロールもいいようだし制球が安定しているところがいいようだ。打線が若干昨年よりも落ちるといわれるレンジャーズであるが、ワールドシリーズに向けて好スタートをきったといえる。
そしてもう一人の侍ジャパン、岩隈も先発し6回を投げて2安打1失点7奪三振の好投でこちらも初勝利をあげた。マリナーズという弱小チームに在籍しているが昨年、中継ぎから先発の座を勝ち取っているだけに安定した投球がみられそうである。打者でもブルワーズの青木が昨日は本塁打、そして今日は2安打と活躍している(チームは今日は負けてし合ったが)。2009年の侍ジャパンはそれぞれの道を歩んでいる。今年(2012)の侍ジャパンも頑張ってほしい。午後11時からのNHKBSのワールドスポーツMLBを見ることにしようと思う。
もう一つの野球、選抜高校野球は浦和学院が初優勝を遂げた。済美の安楽を打ち込んでの初優勝は見事であった。中学校の体育の教師の名が安楽だったので親しみをこめて済美を応援したいたが、安楽もまだ2年、まだまだリベンジのチャンスはある。とりあえずは夏の甲子園を目指してがんばれである。
d0183174_19293635.jpg

さて先々週頃から、東京スカイツリーからの受信確認テスト用放送が流されている。デジタル放送がやっと完結すると考えていいかもしれない。我家の場合はNTTの光ケーブルを利用しているので特に影響はないが、新聞によると数万世帯で電波障害が発生しているようだ。たかが数万世帯といえどもテレビが見れない状態は異常事態であるので、しっかりとした対応をお願いしたい。
東京スカイツリー移行推進センターなるものが設立されてここが移行の窓口となっているようである。5月からはスカイツリーからの放送に切り替わるそうなのでそれまでにはすべての世帯で電波障害がないクリーンな電波となることを望む。
参考URL → ダルビッシュ、完全試合を逃す
参考URL → ピックアップ MLB日程・結果
参考URL → スカイツリー:7万4千件の電波障害判明 4月も試験継続
参考URL → 東京スカイツリー移行推進センター
[PR]
by motokunnk | 2013-04-03 19:28 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/18473000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鳥インフルが大流行の予感? 国民栄誉賞ダブル受賞と私的なが... >>