梅雨があけて、今日は七夕、そしてライトノベル

昨日関東地方は梅雨明けが発表された。本格的な夏の到来である。今年は梅雨の期間が感覚的には短かったような気がするが、気象庁の発表では例年並みの長さだそうだ。はじまりが6月前半だったようなので終わりが7月初旬でも期間としては1ヶ月あるので例年並みなのであろう。d0183174_915367.jpg
さて私をライトノベルの小説に引き込ませてくれた作品の完結編が6月下旬に電子版で発表された。読む機会がなかった(というより他にすることがあった?)がようやく昨日読み終えた。その小説のタイトルは「聖剣の刀鍛冶」である。
ちょうど1年前に電子ブックリーダーのKOBOを買って、KOBOの販促の一環であったと思われる聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)の第1巻が無料でダウンロードできたのがこの小説を読むきっかけとなった。ライトノベルというジャンルはストレスなく読むことができるので読書が好きでない私にとってもとっつきやすい分野の小説であった。
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)自体はアニメ化もされて一時期ブームになったようである。その完結編は期待していたとおりではなかったが、そこそこ満足する結末であった。
KOBOを利用して読書した本も多数となり、にわか読書家となってしまったようである。「時間があるときはライトノベル小説を読む」というのが休日の私の過ごし方の選択肢のひとつとなってしまったようである。そのひとつの選択肢を教えてくれた意味で聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)は忘れられない小説となりそうだ。
d0183174_9152578.jpg

さて今日は七夕、Googleのロゴも七夕マークとなっている。Googleのロゴは一体どのような判断基準で製作されているのだろうか。日本古来のものもあれば海外のものもある。謎といえば謎である。
参考URL → 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
[PR]
by motokunnk | 2013-07-07 09:15 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/19206029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< F1ドイツGPとインディカーポ... 明日は七夕 >>