今日から夏の甲子園大会がはじまった

今日から夏の全国高校野球がはじまった。誰でも甲子園の思い出はあると思うが、SPORTIVAのホームページでは今年の案角甲子園は因縁の対決が例年以上に目白押しだそうだ。
ただ、初日で簑島高校は負けてしまったが、箕島対星稜の試合はTVで見ていたので記憶が鮮明に残っている。箕島が後攻で延長15回だったと思うが、先攻の星稜に1点を取られて2死となり、最後の打者がファールフライを打ち上げてしまった。これで万事休すであると思ったが、なんと野手がそのボールを取り損ねて、その打者が起死回生のホームランをうち同点に追いついて最後はサヨナラ勝ちをした試合である。
また、それより前の松山商業対三沢高校の試合も覚えている。5時間以上の熱戦でこちらは引きわけ再試合となった。新幹線にのって東京から新大阪にいってもまだ試合をしていたとニュースで話題となったほどである。
誰でも記憶に残る甲子園大会はあるもので、その夏の甲子園が今日その幕をあけた。今年はどんなドラマが起こるのだろうか、果たして私の記憶に残る熱戦を繰り広げてくれるのか楽しみである。
参考URL → この夏の甲子園は「因縁の対決」が例年以上に目白押し!
[PR]
by motokunnk | 2013-08-08 20:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/19432080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 長崎原爆の日と「ナガサキの郵便... 今日は立秋、暦の上では秋である... >>