三越前駅の夢ロードとツバメの巣?

昨日のこと、仕事で住吉まででかけることになった。住吉といっても大阪の住吉ではなく、東京江東区の住吉である。早速駅ナビでルート検索すると、三越前駅で銀座線から半蔵門線に乗り換えていくことが最短であり、安くて楽であるとのことである。
京橋駅から銀座線で三越前に行き乗り換えることにした。三越前駅は10年ぶりくらいであり、前降りたときは、たぶん半蔵門線は完成していなかったと思った。改札口をでての乗り換えで、300m程度歩くことになった。夢ロードと名付けられた連絡通路では、イベント(それも2つも!)が開催されていた。
その一つは「高山祭り」のPRであった。飛騨高山祭りは私も知っているくらい有名(かどうかはわからない)で、毎年春と秋に開催されて山車がメインと聞いている。ただしまだ見物しに行ったことはないので大きなことは言えないが壮大なスケールで市内がお祭り一色になるそうだ。来週の9、10日に開催されるそうだ。引退したら時間を見つけて行ってみたいものである。
その隣では日本道路協会(こういう団体、しかも公益!)主催の日本橋『日本百街道』展が開催されていた。10月3日からとあるので昨日が開幕初日だったようだ。写真やパネルが展示されていた。
d0183174_19185116.jpg
d0183174_19191515.jpg
d0183174_19193014.jpg

「日本百街道」 「日本百街道」、「道路の歴史1300年 」などのタイトルがつけられた展示があったが、乗り換えの途中であったのでしっかり見ることはできなかった。帰宅してホームページを観ると毎年開催されているようで、年末まで開かれているようなので、今度じっくり見ることにしようと思う。高山祭りのPR主催は同じ団体だったので2つのイベントは根っこはひとつであった。
d0183174_19195989.jpg
d0183174_19201454.jpg

住吉に着いて、仕事を終え東京スカイツリーを観ながら住吉駅の改札へ続く階段を観ると、貼紙がしてあった。読むと「ツバメは今年も無事に巣立ちました ご協力ありがとうございました」とある。貼紙を観て真っ先に有川浩の「阪急電車」を思い出してしまった。小林駅でのシーンで駅員さんが似たような貼紙(ではなく傘だったような?)をしていたのを思い出した。地下鉄という違いもあるが、ツバメも毎年巣をつくってひなを育てて巣立っていくことが東京でもあることを発見して何故か心が休まる気持ちがした。
せわしない日常からはなれて気分爽快となったひと時であった。
参考URL → 日本橋『日本百街道』展2013 開催のご案内
[PR]
by motokunnk | 2013-10-04 19:20 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/19765671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 雨の土曜日、予定は白紙 今朝の天声人語から、「放射性廃... >>