カーリング女子日本代表、五輪出場決めた!第8エンドに大量6点

カーリング女子日本代表の北海道銀行チームが世界最終予選で予選2位となり、3位のノルウェイを破ってソチ五輪出場切符を手にした。これでカーリング女子は5大会連続の五輪出場となる。
d0183174_8441873.jpgトリノオリンピックでカーリングがブレイクしてからテレビでカーリングをよく見るようになったが、トリノ五輪のメンバーが復帰してまたソチ五輪の切符を手にしたかと思うと、カーリングというスポーツの奥深さを垣間見たような気がする。
スキップの小笠原選手はトリノ五輪後選手を引退、結婚、出産を経験したが五輪でのメダル獲得という悲願に向けて現役復帰したという。今回の世界最終予選に限らず、40代の選手も現役で活躍しており、カーリングというスポーツの年齢層の広さに驚いてしまった。
最後のノルウェイ戦は真夜中だったので見ていないが相手のミスを逃さずに大量点を獲得して逃げ切ったようである。世界には中国や強豪といわれる国が多数あるようだが、ぜひ悲願を達成できるように頑張ってもらいたい。
参考URL → 小笠原「もう信じられません」(写真転載サイト)
参考URL → 北海道銀行、五輪出場決めた!第8エンドに大量6点
参考URL → 日本カーリング協会
[PR]
by motokunnk | 2013-12-16 08:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20108430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 会社の忘年会にお呼ばれされ、銀座まで 東京オリンピックのトーチなどが... >>