2014F1シーズンは波乱の予感

昨日、2014F1シーズン最初となる公式テストがスペインへレスサーキットではじまった。ニューマシンを発表していなかった昨年の王者レッドブルやメルセデス、フォースインディア、ケータハムも新シーズン用のマシンを発表しサーキットに持ち込んだ。
d0183174_817070.jpg
d0183174_8171729.jpg
d0183174_817336.jpg
d0183174_8174738.jpg
ニューマシンを見ると、全てが一新されており、美しいマシンが速いという過去の言葉はすでに死語となったようでどのマシンも美しいとはいえないスタイルである。まあ、見慣れてしまえば美しいと思うようになるのかもしれないがそれにはかなり時間がかかりそうだ。
そしてテストであるが、初日は過去にもマシントラブルなどがあり満足な走行ができないチームがあったが今年ほどひどい(?)年はなかったと思う。テストに参加した8チームのうち10周以上を走ったチームは半数の4チーム、最多周回もフェラーリの31周である。昨年フォースインディアが89周したのとは大違いである。
小林可夢偉がテストに参加するのは4日目だが、それまでにケータハムのニューマシンはどこまで初期トラブルが解消できているのかが心配である。これは他チームも同様だが。そんなわけでノーズ部分の処理に特徴がある今年のマシンであるが、まともに走っていない状況ではどのタイプがすぐれているのかなど判断がくだせない。
参考URL → レッドブル RB10を発表
参考URL → メルセデス F1 W05を発表
参考URL → フォースインディア VJM07を発表
参考URL → ケータハム CT05を発表
*F1ニューマシン写真転載サイト↑
参考URL → F1ヘレステスト 1日目 総合タイム結果
[PR]
by motokunnk | 2014-01-29 08:21 | スポーツ全般 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20290372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 物欲煩悩妄想日記 at 2014-01-29 12:13
タイトル : 2014 F1 Launch “ Petronas Me..
2014 F1 Launch 窶・Petronas Mercedes AMG W... more
<< 月に1度の失業認定申請 今年の恵方は東北東 >>