半年に1度のMRI検査とソチ五輪結果

今日は先週に受けた腹部MRI検査の結果を日赤医療センターまで聞きにいってきた。今までは検査してもらった後に検査結果を聞いていたのだが、これだと間の待ち時間が長くなるそうで退職して時間はあるので日にちをわけて「検査をする」、「結果を聞く」とした。
内科で検査結果を聞くのであるが、受付には発熱のある人は申し出るような貼紙がしてある。病院にきてインフルエンザに感染してしまったらたまらないのでこのような貼紙で注意喚起をしているのであろう。検査結果は半年前と変化なしとのこと、8月に次回の検査予約をいれて帰宅の途についた。裏のポケットパークの銅像も残雪の中、寒そうに見えたのは私だけかな。
d0183174_1221087.jpg
いつものように昨晩もソチ五輪のTV中継をお茶の間で見ていた。ノルディック複合競技はメダルの期待が高いとあって生中継、その期待に応えて渡部暁斗選手が銀メダルを獲得した。複合競技は20年近く前は日本のお家芸ともいわれ、団体では2大会連続で金メダルを獲得していた。
当時の日本チームはジャンプで高得点をあげて逃げ切るパターンであったが、最近は距離に力を入れて強化しているそうで渡部暁斗選手はオールラウンドな選手としてW杯で活躍しているそうだ。
d0183174_12212060.jpg
まず、前半のジャンプで僅差の2位につけ、後半の距離は後続との差を守って2位の座を守ってある意味では順当ともいえる銀メダル獲得であった。複合競技はラージヒル、団体と2種目を残しており、全ての競技でメダル獲得も夢ではなさそうだ。
そしてカーリングは地元ロシアと対戦した。完全アウェイでの戦いであったが、吉田選手のショットが安定してすべてがいい方向に進んで格上ロシアに快勝した。
d0183174_12213939.jpg

吉田選手「ロシアコールがヨシダコールに聞こえた。2試合を経験して、会場を見渡す余裕もあった」とコメントしている。この調子で頑張ってほしい。
今日はアイスホッケーのドイツ戦が行われる。決勝トーナメント進出の望みはないが、オリンピック初勝利をぜひあげてほしいと思う。またTVに向かって応援することにしよう。
参考URL → ソチ五輪・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-02-13 12:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20350743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 再び雪の週末とソチ五輪 初のメダルはハーフパイプで期待... >>