未明から大雪!、そしてソチ五輪、金メダル第1号は羽生結弦

東京は2週連続で大雪の週末である。今日行われる私立大学の入学試験もたいへんであろう。
d0183174_8415522.jpg
特に今朝から雨となっている。傘をさして雪路を歩くのは危険だし、ニュースではフード付きのレインコートを着ての外出を薦めている。用事がない人は外出は避けて自宅でゴロゴロする(笑)のがベストかもしれない。
そんなわけで昨晩からはTVでのソチ五輪観戦三昧であった。密かに応援しているカーリングであるが、相手が悪かったようだ。世界のトップ3に入る実力を持つイギリス相手に第2エンドまでは互角に近い戦いをしてきたが、第4エンドはスティールされてしまいこれで意気消沈したのか、なすすべなく3-12で第7エンド終了後にギブアップ。やはり世界のトップレベルとは実力差がかなりあるということを実感した試合であった。
d0183174_842975.jpg

ちょっとしたショットの精度を磨けばその差は縮まるとは思うのだが、これがなかなか難しいらしい。
さてひと眠りして目がさめたのが午前3時前、男子フィギュアの決勝が行われている真っ最中である。早速TV観戦した、町田選手は第3グループの最終滑走者であった。ここでミスなく高得点をあげれば銅メダルの期待があったが、4回転ジャンプをミスしてしまい万事休す! この段階で2位となり、メダルの期待はなくなってしまった。
そして第4グループ、高橋、羽生、チャンとそれぞれ2、3、4番目に滑走する。高橋選手は見ていてそれほどミスはない演技をしたと思ったが、解説をしている本田さんの言によれば細かなミスがあったそうでこの段階で順位は町田選手に続く5位となった。
いよいよ羽生選手の登場である。心なしか緊張しているように思えたがその心配はあたってしまった。冒頭の4回転サルコーでシリモチをつく失敗、そしてその後の4回転はうまくまとめたものの3回転フリップで手をついてしまい、ジャンプの失敗は合計2回、その他は無難にまとめたものの悔いの残るフリーの演技だったようだ。終了後の顔から失敗したというくやしさがにじみ出ていた。正直この段階でチャン選手の金メダルを予想したがそうではなかった。
チャン選手、前で羽生選手が失敗したことで緊張したのか、その失敗が連鎖してしまい細かなミスを連発して得点が伸びず2位をキープする結果となってしまった。
d0183174_8423054.jpg
この結果、羽生結弦選手は男子フィギュアスケートでは、オリンピック史上初となる金メダルを獲得した。「緊張しました…すいません、ホントに。やっぱりオリンピックはすごいって思いました。結果として、すごいうれしいなと思う半分、自分の中ではやはり悔しいと思うところが結構あるので。オリンピックで金メダルを獲って言うのも何ですけど、ちょっと悔しいと思います。」
と談話を残しているが、この向上心があれば心配ないだろう。東北出身の羽生選手、東日本大震災復興の大きな力を地元に与えてくれたと思う。
参考URL → ソチ五輪・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-02-15 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20358361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ソチ五輪はちょっとひと息、「自... 再び雪の週末とソチ五輪 >>