ジャンプ団体銅メダル、カーリングは5位と健闘、そして錦織選手が連覇

ソチ五輪も折り返して後半となった。前半、日本のメダル候補者は実力を発揮することができない人もいたようだが、ここ数日は候補といえる人たちが実力以上の力を発揮してメダルを獲得しているし、入賞を果たしている。
昨日世界ランク4位のスイスを破ったカーリング女子日本代表、今日の2連戦、連勝することが準決勝進出のノルマであった。ただ相手は世界5位の中国と世界1位のスウェーデン、特に中国には最近5連敗しており、苦手意識もあるようだ。中国戦で敗退してしまうのではないかと夕方のTV放送を見ていた。
d0183174_975913.jpg

日本は中国と互角以上の戦いをみせ、第5エンド終了時のスコアは5-3と2点のリードを奪う。その後もリードを守り第9エンドでは難しいショットをスキップの小笠原選手が決めて2点をもぎとりこの段階で8-5として勝利を不動のものとした。
そして迎えた深夜のスウェーデン戦、前半は互角に戦ったが、日本チームは中国戦では見せなかった細かなミスがでてしまい8-4で負けてしまった。
この結果、日本の最終順位はカナダ、スウェーデン、スイス、英国に続く5位となった。オリンピックで5位入賞は長野大会以来とのことである。
この大会、日本が完敗したのは英国だけだったと思う。初戦の韓国戦、第3戦のアメリカ戦に勝っていればと思うがそれは「タラレバ」、混戦のカーリング女子で5位入賞は素晴らしいことだと思う。
そして未明に行われたジャンプ団体戦で日本は見事に銅メダルを獲得した。W杯の国別ランキング6位の日本がメダルを獲得できた勝因を考えると4人の選手がミスをしなかったからではないかと思う。
清水選手、竹内選手、伊東選手、葛西選手がそれぞれK点を超えるジャンプを2本そろえたことが銅メダル獲得の大きな要因だと思う。ライバルチームは誰かがミスではないがK点を超えないジャンプがあったように思えた。
d0183174_982243.jpg

優勝したドイツ、2位のオーストリアは4選手がそれぞれ実力以上の+αを発揮しての金メダル争い、若干ポイントでは差がついてしまった銅メダルではあるが、4年後にむけて弾みとなるメダル獲得であったように思う。
オリンピックだけではない。錦織圭選手が全米室内選手権で2連覇を達成した。昨年も優勝している大会で今回はランキングが錦織圭選手より上の選手がいなかったということはあったが危なげなく決勝まで進んだ。
d0183174_984199.jpg

決勝の相手はイボ・カロビッチ選手で過去に勝ったことがないベテランであったが、決勝も6-4、7-6でくだして見事2連覇達成、ツアー4勝目である。デ杯でも日本のベスト8進出に貢献するなど悲願のランク10位内へむけての視界は良好そうである。
そして今日はノルディック複合のラージヒルが行われる。ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗選手が出場する。ノーマルヒル金メダリストのエリック・フレンツェル選手が発熱で欠場するとの噂があるが、そうすると、、、。「とらぬ狸の皮算用」はやめておくことにしよう。
参考URL → ソチ五輪・写真転載サイト
参考URL → 全米室内選手権・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-02-18 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20370396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 厄日(?)だった昨日のソチ五輪 ソチ五輪はちょっとひと息、「自... >>