なでしこジャパン、アルガルベ杯初優勝ならず

やはりドイツの壁は高かった。過去90分間では1度も勝利したことがないなでしこジャパンであったが、今回も結果はまた同じであった。一昨日のスウェーデン戦、最後でPKを得ての逆転勝利でいい流れができていたと思っていたがその流れも前半のみであった。
ドイツ戦の前半はよく耐えていたように思えた。逆に決定機の数からいけば日本のほうが多かったように思える。特に前半30分の大儀見のポストに嫌われたシュートは今思えば残念であった。
d0183174_8182949.jpg

ただ後半はドイツに一方的に攻められてしまいなでしこジャパンのよさをだすことはできなかった。開始早々、日本の左サイドを崩されての先制ゴール、そしてそれに続く失点でちょっとチームが浮足立ってしまったようだ。「点を取らなければ勝てません。」という宮間キャプテンの言うように得点力アップが課題であろう。
5月からはベトナムでW杯予選を兼ねたアジア杯が開催される。その大会へ向けての課題がはっきりしたことをよしとするアルガルベ杯だったのではないか。初優勝への路はハードルが高そうである。
参考URL → なでしこ初優勝ならず・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-03-13 08:19 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20456720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2014F1シーズン開幕、今年... ようやく春らしい気候となりそうな気配 >>