2014F1シーズン開幕、今年はメルセデスが速い?

3月14日はホワイトデイである。会社勤めのときは、義理チョコの返礼に苦労したが、退職してからはそんな悩みもなくある意味でホッとしているホワイトデイ当日である。
さて2014年のF1シーズンが今日オーストラリアで開幕する。2013年シーズンから大幅にレギュレーションが変更となり、全く新しいF1マシンが今日から走りはじめるわけである。事前のテストではウィリアムズ、メルセデスが好調であった反面、チャンピオンチームのレッドブルは不調であった。特にルノーエンジン搭載チームの不調が際立っていた。
下馬評ではメルセデスが抜群に速いそうで、開幕GPでは他のマシンを周回遅れにするのではないかとも言われている。確かにテストの結果をみれば、1ラップの速さ、レースディスタンスの安定度で他チームを凌駕しており、今年のチャンピオンチーム最右翼であろう。そしてハミルトンが2回目のチャンピオン獲得が有力と予想されているが、個人的にはニコ・ロズベルグにチャンピオン獲得してほしい。
d0183174_8563944.jpg

シーズン終了時に親子チャンピオン誕生となればうれしいかぎりである。そして、英国のスポーツ誌では今年のランキング予想を発表している。かけ好きの英国人であるからトトカルチョもやっているのかもしれない。あと数時間で金曜日のフリー走行が開始され、今年のF1が開幕する!
参考URL → 英誌が予想「14年F1ドライバーランキングTop10」
参考URL → 2014年シーズンの新しいルール
参考URL → 写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-03-14 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20460619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< STAP細胞問題が今朝のトップ... なでしこジャパン、アルガルベ杯... >>