MOTOGPも2014年シーズンが開幕

先週のF1に続き、モーターサイクルのF1(と私は思っているが)であるMOTOGPシリーズが中東カタールで開幕した。シーズン開幕戦ということもあり、木曜日からの4日間開催となる。
昨年はMOTOGP参戦初年度のM.マルケスが並み居るライバルを打ち破って見事にチャンピオンを獲得したが今年はどんな展開になるのであろうか。ライバルはというと、同じホンダワークスのD.ペドロサ、ヤマハワークスのV.ロッシ、J.ロレンゾのワークスライダーであろう。今年もヤマハ、ホンダの両ワークスライダーによる優勝争いが行われるであろう。
唯一MOTOGPに参戦している日本人ライダーの青山博一であるが、昨年よりは戦闘力のあるアスパル・チームに移籍し、元チャンピオンのN.ヘイデンがチームメイトとなる。
シーズン前のコメントでは青山は
「マレーシアとカタールで3回9日間のテストを行いましたが、着実に前進できたことがとてもよかったです。最後のカタールテストでは、旋回性に苦しみました。思ったほど前進できなかったのが残念ですが、開幕戦では、この問題に引き続き取り組みたいと思っています。今年は、ケガもなく、万全の体調で開幕戦を迎えられるのがとてもうれしいです。シーズン序盤、カタール、アメリカ、アルゼンチンと続くので、この3戦でしっかり結果を残し、ヨーロッパラウンドにつなげたいと思っています。Hondaに戻って新しいチームで迎える開幕戦が楽しみで仕方ありません。」
と語っている。毎レースでのポイント獲得が目標かもしれない。
MOTO2クラスでは日本チーム、日本人ライダーの活躍が大いに期待できそうだ。2年目を迎える「IDEMITSU Honda Team Asia」のエースライダーとして中上貴晶が参戦することとなったからである。
初年度はオールアジアを目指してシャーシーもモリワキ製だったが、今年はKalexに変更して初勝利を目指しているようだ。フリー走行初日で中上は総合でトップタイムをマークして自身初優勝を視野にいれている。
d0183174_8572317.jpg

シーズン前のコメントでも
「スペインのバレンシアとヘレスで行われたテストでは、着実に前進できましたし、ベストタイムもアベレージもよく、とても充実していました。過去2年のシーズンと比べても、内容あるウインターテストになりました。今年はIDEMITSU Honda Team Asiaに移籍しましたが、新しいスタッフとのコミュケーションもよく、万全の状態で開幕戦に挑むことができます。最後のヘレステストでは、目標の一つだったトップタイムで終われましたし、アベレージもよかったので、自信になりました。今年の開幕戦は自分にとって大事な一戦になります。昨年のカタールGPは予選2番手、決勝3位。今年はPP、初優勝を目標に全力で挑みます。」
と語っている。
地上波放送がないのが残念だが、青山博一(MOTO2ではなく250ccクラスだったが)に続くMOTOGPのチャンピオン目指して頑張ってほしい。
今日から3連休、春分の日であるが最近毎日がお休みなので3連休の実感がわかない。ちょっとこまったことかもしれない?
参考URL → MotoGP Homepage・写真転載サイト
参考URL → カタールGPプレビュー・コメント転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-03-21 08:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20486829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 春本番前、首都高は通行止め、地... 青山通りにある自販機には >>