「ほっ」と。キャンペーン

ドタバタのアルバイト(?)開始日

昨日は公益法人出社第一日目であった。午前9時半始業ということで、その10分前にオフィスへ行くことにし、セキュリティが万全なので受付から財団の人を呼び、パスを発行してもらう。
次週から自分で入館できるようなIDカードをもらったが、身分証明書などは試用期間(とりあえず3カ月の契約なので)以降でないと発行されない規定だそうだ。オフィスにいってまず身の回りの説明をしてもらい、PCの立ち上げをする。Windows7の英語版が立ち上がる。英語版は初めて見るがそれほどの違和感はない。
ただ、びっくりするのは、パスワードがポストイットに書かれてディスプレイに貼られていたことである。これだと誰でもログインできてしまうので、メモ書きしてポストイットは処分することにした。
財団のホームページをメインテナンスするのであるが、新年度になり役員が交替して役員のページの更新が最初の仕事だ。早速新役員の名簿はもらったが、現ホームページへのアクセスは誰も知らないそうだ。前任の担当者が一人ですべての作業をしていたのでノータッチだったそうだ。
PCの中を探してもウェブサーバへのアクセス方法が書かれたマニュアルらしきものは見つからない。もっとビックリしたのは財団のホームページはレンタルサーバを借りて運用されていることであった。情報セキュリティが厳しい(無償ソフトのダウンロードもできない!)ネットワークなので自由に更新ができることからレンタルサーバを運用しているそうである。
レンタルサーバへのアクセスもどうしたらいいのかわからないので、契約している会社にメールで問い合わせをして、手続きを教えてもらうことにした。メールのやり取りをしている間に勤務時間が終わってしまい、1日の仕事はあっという間であった。久しぶりのデスクワークだったので思いのほか疲れてしまった。
メールのやり取りをしている間に手があいたので、新しい役員名簿のHTMLは作成して確認も得たので、これは自宅からレンタルサーバにアクセスして更新しようかと思う。なんだかんだで帰宅してメールを見ると、午後3時過ぎにはレンタルサーバへのアクセスIDがきていた。早速、自宅から入力すると一応接続できるので暇を見つけて更新作業をやってみようと思う。
どたばたの1日であったが、この他にもメールマガジンの作成、配信作業があるそうだ。こちらもやり方を調べなくてはと思うと頭が痛い。前任者は突然亡くなってしまったそうだが、自分の仕事をわかるようなドキュメントを残しておくことは重要だと再認識したしだいである。
d0183174_8323681.jpg

このビルの4階に財団はある!
参考URL → メンテする財団のホームページ
[PR]
by motokunnk | 2014-04-03 08:33 | 最新技術 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20534764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Kutz-Chang at 2014-04-04 06:08 x
おはようございます。
さっそく、大きいお仕事ですねぇ!!

Commented by motokunnk at 2014-04-04 07:38
Kutz-Chang さん おはようございます。仕事といってもフルタイムでなく、アルバイト的な感じですね。
<< いろんなことが絡み合ってのST... 目黒川の桜見物は大賑わい >>