田中将大、デビュー戦で勝利をかざる、そしてU17女子W杯初優勝!

今朝はテレビでMLB中継あり、女子サッカーU17W杯決勝のライブありとスポーツ観戦好きのわたしにとってはテレビに釘付けの午前中であった。中継時間がダブっていたこともあって、マー君の試合を中心にヤンキーズの攻撃になったらサッカーにとチャンネルを切り替えていた。
ヤンキーズ初回の攻撃は迫力があり、連続ヒットでチャンスを拡げてあっという間に2点を先取して満塁でイチローの出番である。昨日の好調さを持続していれば3点目はたやすいと思っていたが、あえなく三振してしまい、結局初回は2点に終わってしまった。
さて、いよいよマー君の投球である。メジャー初球は外角低めの149キロのストレート。2球目は外角から内に入るスライダーがボール。3球目、高めに浮いたスプリットをとらえられ右中間スタンドに飛び込むホームラン。その後は走者を許さないで初回終了。続く2回は、1死後に二塁間を破るヒットを許すと、ローリーにもスライダーを打たれ連続ヒット。ファーストゴロの送球がランナーにあたる不運もあり、満塁のピンチをむかえてしまった。そして逆転タイムリーを打たれてしまった。
d0183174_12524891.jpg

↑写真はスポーツサイトからの転載
序盤2回で3失点と前途多難な立ち上がりであった。ヤンキーズ打線は4回に2点をとり、再逆転するとマー君も投球をストレート中心にチェンジしてその後はピンチらしいピンチもなく、7回を3失点、8奪三振に抑えて初登板初勝利を飾った。
デビュー戦の初勝利は日本人投手としては9人目だそうだ。立ち上がり不安定でどうなることかと心配したが、終わってみればいつものマー君、スタンドで観戦していた奥さんもガッツポーズで応援しているのが微笑ましかった。次回登板もこの調子で頑張ってほしいものである。
そしてU17女子W杯決勝である。対戦相手のスペインとは一度戦って2-0で勝利しているとのことで対戦しやすそうだとの下馬評であった。試合は前半に先制点をあげ、有利な状況をつくりだし、後半にも苦しいところで追加点をゲット、最終的には2-0で見事にU17W杯初優勝を飾った。
朝のテレビでは主将の杉田妃和の特集をしていたが、彼女は中学時代には男子に交じって練習をしていたとか、まるで澤2代目のようである。この世代は6年後の東京オリンピックの舞台で活躍することが期待されるので、この勝利に慢心せずにより高いレベルを目指してほしい。
スポーツの世界では朝からうれしい出来事が重なったが、この後はどうであろうか。
参考URL → 田中将大デビュー戦 MLB速報
参考URL → リトルなでしこが快挙
[PR]
by motokunnk | 2014-04-05 12:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20543363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 震災対策には防災ラジオという新聞記事 いろんなことが絡み合ってのST... >>