マー君、敵地でも勝利で3勝目

田中将大投手が今日のレッドソックス戦に先発した。敵地フェンウェイパークでのアウェイでの戦い、立ち上がりが心配であったが、そんな心配も吹き飛びヤンキースの先制攻撃であった。
d0183174_1853426.jpg

レッドソックスのレスター投手といえば、メジャーでトップクラスの左腕投手である。それを初回から打ち崩してしまうヤンキース打線のすごさには脱帽である。よく投手がリズムよく投げると、打者もよく打つといわれるが、マー君が投げるリズムと打者のリズムがシンクロしているのかもしれない。
今日は4回にレッドソックスが誇る3、4番バッターに連続ホームランを浴びてしまったが、それ以外は危なげなく8回途中までを7安打無四球7奪三振2失点で抑え3勝目をあげた。これで通算31連勝である。マー君、このままいくとオールスターに選出されるのではないだろうか。どこまで連勝が続くか楽しみであるとともに新人王も期待してしまう。
参考URL → 宿敵相手に8回途中2失点で今季3勝目・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-04-23 18:54 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20611491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< もうダメ武将とは言わせない・黒... 都内は厳戒体制、そして韓国のず... >>