残り数ラップの逆転劇、F1カナダGP

結果を知っていても手に汗握るラストの数ラップであった、F1カナダGP。メルセデスの連勝は6で止まってしまったが、いかに完璧と思えたマシンにとっても弱点はあったようだ。
レースを振り返ると、スタートからは今年のGP同様、メルセデスの2台が他のマシンを置き去りにして2台によるトップ争いをした。最初のピットストップでもそのことは変わらず、興味はどちらのメルセデスが勝利するかの1点に絞られたようだった。
ところが、レースも折り返しを過ぎるころから明らかにメルセデスの様子がおかしい。ラップタイムも落ちてしまい、後続との差も詰まってきている。そしてハミルトンの車から白煙があがり、マシントラブルでリタイアしてしまった。
残るロズベルグのマシンもどこかトラブルをかかえているようでいつもの軽快な走りではなく、後続との差はないものとなって残り5周を切ったときに2位に進出したリカルドがロズベルグをパスしてトップに進出した。
d0183174_833984.jpg

ドラマはまだあり、最終ラップにトラブルで遅くなったペレスのマシンにマッサが追突してしまい、セーフティカーのもとチェッカーとなった。リカルドはF1初優勝、レッドブルも今シーズン初優勝である。メルセデスの強さに若干のほころびがでたカナダGPであったが、そのほころびをつくチームはどこか、その1番手はレッドブルかもしれない。
参考URL → カナダGP・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-06-10 08:34 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20795436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Kyan's BLOG V at 2014-06-10 12:01
タイトル : F1GP2014 カナダ
大波乱のカナダGPはリカルド(レッドブル)が初優勝遂げる: FMotorsports F1勝ったのはレッドブルのリカル...... more
Tracked from VAIOちゃんのよもやま.. at 2014-06-10 12:16
タイトル : F1 2014 第7戦 カナダGP
今季のF1も第7戦。毎年恒例で荒れたレースになるジル・ビルヌーブサーキットでのカナダGPを迎えました。時差の関係でBS中継は予選が日曜日の昼12:00〜、決勝が月曜日の夜22:00〜とな ...... more
Tracked from E's Mono.. at 2014-06-11 21:23
タイトル : リカルド初優勝!(2014 Rd.7 Canada)
最後まで目の離せないレースでした。中盤まではまたメルセデスの1-2に終わるのかと思われましたが、トラブル発生が番狂わせを生じて面白いレース展開をもたらしました。最終版でレッドブルのダニエル・リカルドがロズベルグをかわして遂に初優勝を挙げました。今回はメルセデスのトラブルに依存した勝利でしたから、次以降も同じように通じるとは思えませんので、追うレッドブルにはさらなる進化を期待したいところです。... more
<< 第2回WBCを沸かした投手2人が先発 一時の梅雨の合間に >>