第2回WBCを沸かした投手2人が先発

今から数年前、第2回WBCで日本が優勝したとき、活躍した投手が今日、MLBのマウンドにあがった。どちらの投手も日本チームの先発を担う投手であった。
一人は松坂、もう一人は岩隈である。二人のMLBでのデビューは両極端であった。松坂はポスティングで破格の金額でレッドソックスと契約し、大活躍して第2回WBCを迎えていた。岩隈はWBCでの活躍からポスティングでのMLB移籍を狙ったが、契約不成立で海外FAでMLB移籍となった。
当初は先発しても打たれてしまい、先発から中継ぎへまわされてしまう。中継ぎで実績をあげ、今やマリナーズで欠かせない先発投手となっている。一方の松坂は第2回WBCの後は鳴かず、飛ばずで肘の手術をしてメッツの中継ぎ(ときどき先発)となっている。そんな二人が先発した。
d0183174_18453126.jpg

松坂は6回1失点で3勝目をあげ、チームの連敗を6でストップした。一方の岩隈はヤンキース戦で先発、ヤンキースが雨で前日の試合が中止になったので、マー君との対決はお流れとなってしまったが、こちらは7回1/3を3失点と好投したが味方打線が振るわずに今季3敗目をきっしてしまった。
岩隈の場合。先発した試合はほとんどクオリティスタートの条件を満たしていると思うので、後は味方打線の援護を待っていれば勝星は自然とついてくると思う。松坂の場合、チーム事情によって先発、中継ぎと大忙しであるが、本人の努力次第で先発にまわれるかもしれない。今年はMLBの日本人投手は調子がよさそうである。MLBで日本人投手の勝利数は40数勝が単年度の記録だそうだが、今シーズンは軽くこの記録を上回りそうである。
明日は、ダルビッシュとマー君が先発するらしい。TVはどちらの試合を放送するのであろうか。
参考URL → 松坂6回1失点で3勝目!・写真転載サイト
参考URL → 岩隈8回途中3失点で3敗目
[PR]
by motokunnk | 2014-06-11 18:46 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20800132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ルマン開幕、そしてMLB、ワー... 残り数ラップの逆転劇、F1カナダGP >>