ルマン開幕、そしてMLB、ワールドカップ

スポーツ好きにとってはたまらない週末となりそうである。フランスルマンでは伝統の24時間レースが開幕した。今年はトヨタ、アウディ、ポルシェのワークスチームが優勝を争うことが予想される。トヨタはWEC開幕2連勝を飾っており、今年こそ悲願の初優勝なるか、そして日本人ドライバーが日本車に乗っての優勝がなるかに期待がかかる。
過去においてはマツダが優勝したことはあるが、そのときのドライバーは皆外国人であった。今年は中島一貴がメンバーとなっているので少なからずチャンスはありそうだ。予選初日は3番手スタートのようである。今日、明日と予選が行われ、土曜日に24時間レースはスタートする。
d0183174_1443679.jpg

MLBではレンジャーズのダルビッシュが快投してくれた。レンジャーズは故障者続出で、シーズン前はアリーグ西地区の優勝候補と目されていたが、現在は4連敗中の4位と沈んでいる。連敗ストッパーの役割を担って先発したが立ち上がりは先頭打者に四球をだし、ワイルドピッチで無死2塁のピンチを招いてしまう。ここを乗り切るとランナーはだすが後続を抑えて得点を許さず、一方で打線は3回にチュの2塁打などで4得点を先取する。
その後は相変わらずランナーはだすが安定した投球を重ねて9回完投、初完封のおまけつきであった。マー君の初完封に続き、日本人投手8人目の快挙である。
そしてそのマー君もマリナーズ戦に先発、こちらも味方打線の援護によりすいすいと完封ペースで9回をむかえる。1死を取った後、ラッキーなヒットとそれに続いて2ランを打たれたが後続を2者連続三振に打ち取って10勝目をあげた。10勝目は両リーグを通じてトップタイだそうだ。日本の新人投手として10勝したのは6人目だそうだ。ダルビッシュ、マー君と日本人投手が今日はそろって勝星をあげた日であった。
d0183174_14433648.jpg

さて明日からはサッカーW杯がブラジルで開催される。開会式の後、地元で優勝候補のブラジルがクロアチアとの開幕戦から熱き戦いがスタートする。果たして日本は予選リーグを突破できるのであろうか、寝不足が続きそうな毎日である。
参考URL → ル・マン予選1回目首位はポルシェ
参考URL → ダル、メジャー初完投初完封で7勝目・写真転載サイト
参考URL → マー君 完投で両リーグトップタイ10勝!新人2桁勝利は日本人6人目
[PR]
by motokunnk | 2014-06-12 14:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20802747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ワールドカップ開幕、そしてルマンでは 第2回WBCを沸かした投手2人が先発 >>