大谷翔平のすごさ、W杯の怖さ

昨晩の交流戦、日本ハムvs阪神の試合で日本ハムの大谷翔平が快投したようだ。実際の中継は見ていないのでなんともいえないが、6回2死まで一人のランナーもださないパーフェクトピッチングで、この日もストレートの最高速は160kmだったそうだ。d0183174_8161831.jpg
試合は阪神・岩田との投手戦で2回に中田の先制ホームランで日本ハムがリードしたが、追加点が奪えずに試合は終盤まですすんだ。ここで、前回大谷が完封勝利をあげたときと同じように保守の大野が大谷をサポートする追加点となるホームランを打ち貴重な追加点をあげた。
大谷は8回途中で前回登板と同じように足が攣ってベンチで応急措置をしたそうで大事をとって8回終了時点で降板したが足さえ攣らなければ2度目の完封は間違いなかったと思われる。インタビューでは調子は悪かったと言っていたが結果は最高だったようだ。
いい思い出の残っていない甲子園球場での快投でこの球場が好きになったのではないだろうか。この試合で規定投球回数に達して防御率部門で堂々の7位である。
そして今朝、TVではW杯のスペインvsチリ戦が行われていた。見た瞬間は当然スペインがリードしていると思ったが、リードしていたのはチリであった。その後チリは追加点をあげ、スペインの攻撃をしのぎ切って2勝目をあげ、決勝トーナメント進出を決めた。前回優勝のスペインの予選リーグ敗退は驚きだが、初戦の5失点の悪い流れを断ち切ることができなかったのかもしれない。
やはりW杯は初戦が最重要と言われていることがわかったような気がする。明日は日本はギリシャ戦、双方とも後がないだけに全力で戦って勝利してほしい。
参考URL → 大谷好投・写真転載サイト
参考URL → ブラジルW杯
[PR]
by motokunnk | 2014-06-19 08:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20824573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< W杯ブラジル大会、日本の予選突... 明暗くっきり、日本人投手2人 >>