W杯決勝トーナメントスタート、そしてMotoGPとMLB

日本代表は予選リーグで負けてしまったが、今日からW杯は決勝トーナメントがスタートした。負ければ敗退の一発勝負、16チームのしのぎを削る戦いである。
今朝は南米代表4チームがぶつかる2試合があった。さすがに深夜の試合だったので、ブラジルvsチリは見ていないが、かなりの接戦だったようである。優勝候補のブラジルに対してチリが善戦したようだ。
ブラジルが前半先制するもすぐに同点に追いつき、90分では決着がつかずに延長戦へ突入した。そして延長でも雌雄は決まらずPK戦までもつれこんだ。
PK戦でも一進一退で5人目のチリの選手がポストにきらわれ、からくもブラジルが勝利した。前回はチリ相手に3-0で勝利したブラジルであったが、今回のチリは難敵であった。
そしてもう1試合も南米勢の戦いであった。日本代表に勝ったコロンビアとウルグアイの対戦であった。こちらはバルデラマの再来といわれるロドリゲスが2点をあげる活躍でウルグアイを圧倒してベスト8に進出した。
d0183174_1230201.jpg

次の対戦相手はブラジルである。ロドリゲスとネイマールのエース対決、どちらがゴールをあげるのであろうか。そして今日深夜にはオランダvsメキシコ戦が行われる。W杯も日本代表が負けて日本では若干さびしい盛り上りであるが、世界ではまだまだ熱い戦いが続いている。
オランダといえば昨日、MotoGPのオランダGPが開催された。オランダGPだけが土曜日に決勝はレースが開催されるのだが、これは日曜礼拝に行く人に配慮して土曜日に決勝レースが開催されたと言われているが定かではない。
昨日はダッチウェザーといわれる天候に左右されたレースであったようだ。MotoGPのレース開始も遅れたようで、スタート時は路面は濡れておりレインコンディションでレースは開始された。マルケスの開幕8連勝に注目したレースであったがそのマルケスは序盤からリードするが、スリックタイヤに交換直後にオーバーランで2位に後退してしまった。
その後、また追い上げた終わってみれば開幕8連勝達成である。開幕8連勝は8人目、もちろん史上最年少での達成だそうだ。この記録どこまで続くのであろう。
d0183174_12303230.jpg

記録といえば、MLBヤンキーズのマー君も今日のレッドソックス戦で先発である。こちらにもクオリティスタートの連続試合記録がかかっている。マー君は2回にホームランで失点(最近は序盤でのホームランによる失点が多い)してしまうが、その後のピンチは抑えて回を重ねていく。味方打線も失点直後の攻撃で得点をあげ、1-1のまま最終回まで進んでいく。
ここでマー君、またまたホームランで失点してしまう。結局9回を投げ切り、7安打8奪三振、2失点の好投であったが、3敗目を喫してしまった。
日本人投手といえば、最近トレード話もでてきているダルビッシュが先発し、こちらは8回を4安打10奪三振、無失点の好投で自身の連敗をストップし、8勝目をあげた。
参考URL → W杯・写真転載サイト
参考URL → MotoGP・写真転載サイト
参考URL → MLB
[PR]
by motokunnk | 2014-06-29 11:23 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20857347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夏越しの大祓とW杯と 明日は晴れそうな阪神競馬場、宝... >>