24騎士団とプロ野球の話題

昨日のNHK歴史秘話ヒストリアは、大河ドラマで放映中の軍師官兵衛を支えた騎士団についてのお話であった。歴史秘話ヒストリアは大河ドラマと連動しているようで、このような企画は過去にも何回もあったと思う。
さて今回は24騎士団についてスポットをあてている。24人の武将は「井上之房、小河信章、菅正利、衣笠景延、桐山信行、久野重勝、黒田一成、栗山利安、黒田利高、黒田利則、黒田直之、毛屋武久、後藤基次、竹森次貞、野口一成、野村祐勝、林直利、原種良、堀定則、益田正親、三宅家義、村田吉次、母里友信、吉田長利」でかなり知った名もあれば、初めて聞く名前もある。
放送ではこの武将の子孫といわれる人もでてきていろいろなエピソードを語ってくれた。黒田節(武士)のモデルとなった母里友信(太兵衛)もミニ特集されており、武勇伝を知ることができたのはよかった。槍の名手で日本でも有数の槍を持っている逸話から黒田節が生まれていたとは知らなかった。
話題を変えてプロ野球について。昨日、日本ハムvs西武戦が開催された。先発は花巻高校の先輩、後輩であった。大谷翔平は10代最後のマウンドだそうだ。母校の先輩とは2度目の対決で前回は勝利している。出来はそれほどよくはなく(本人のコメント)2失点、ストレートの最速も160kmには届かなかったが、7回を投げ切り自身プロ最高となる12奪三振をマークした。
d0183174_840224.jpg

試合は、最終回に逆転3ランを浴びて5-6でのサヨナラ負けとなり8勝目を記録することはできなかったが、日本ハムの先発投手陣では一番安定した投球をしてくれる投手であると思う。規定投球回にも達しており、二年目を迎えた二刀流がいよいよ本格化したようである。どんなスケールの選手に育っていくか予想ができない反面、楽しみも大きな選手である。
ネットでは『ライバルたちが語る「大谷翔平の160キロ」』というコラムもあり、過去に対戦したプロ野球の選手たちが大谷の魅力について語っている。一読の価値はあると思うのだが。
参考URL → ~官兵衛を支えた24人の男たち~
参考URL → 母里友信(太兵衛)
参考URL → 日本ハム対西武・写真転載サイト
参考URL → ライバルたちが語る「大谷翔平の160キロ」
[PR]
by motokunnk | 2014-07-03 08:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20870156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 久しぶりの東京ビッグサイト 集団的自衛権容認と憲法解釈とW杯 >>