大谷翔平のすごさ、そしてW杯はベスト4が出揃う

昨日のプロ野球、生放送はなかったようだが、日本ハムvsロッテ戦で3番DHで出場した大谷翔平は初回と9回にそれぞれ2ランを放ち、自身の20歳最初の試合で自身初となる1試合2ホームランを記録した。
d0183174_9153357.jpg

夜のスポーツニュース、そして朝の新聞ではこの話題でもちきりであった。栗山監督の談話(つぶやき)が日本ハムのホームページに書かれていた、「こういう試合で、すごいな、アイツ。褒めないけど。でも、すごいな」まさにこのとおりだと思った。20歳となって初めての試合の初打席でホームランを打つことができる選手はまれである。そして二刀流を実践していることも凄いこと、今日の試合ではどんな活躍をしてくれるのか、期待が膨らんでしまう。
未明から早朝にかけてW杯の準々決勝2試合が行われたが、いい試合であった。生放送で見たのはオランダvsコスタリカ戦である。
開始早々からオランダが攻勢をかけ、いつゴールがうまれるのだろうかと思っていたがなかなかゴールシーンはうまれないまま前半は終了した。後半もこの流れが続き、スナイデルのFKがポストを直撃したり、ファンペルシーのシュートがDFにゴールマウス直前でクリアーされるなど、コスタリカのディフェンスの頑張りで延長戦へと突入した。
延長戦でもオランダは終始攻め続け後1歩のところまでいくのだが、どうしてもゴールを奪うことはできなかった。コスタリカの反撃は延長も後半になってからでカウンターから後1歩のシュートまではいくがこちらもゴールを奪うことはできずに試合はPK戦での決着となった。
ここでオランダはGKをPK戦用に交替する采配をとった。その交代出場したGKクルルがコスタリカのPKを2本も止め、オランダが死闘を制した。クルルのPKを止めたことも素晴らしいが、オランダの攻撃陣(ファンペルシー、ロッペン、スナイデル)もPK戦でそれぞれゴールを決めたことも勝因のひとつだと思う。
d0183174_9155010.jpg

これでベスト4は欧州vs南米の強豪対決となった。ブラジルvsドイツ、アルゼンチンvsオランダの2試合である。どちらの試合も見逃せない戦いが演じられると思うと今からワクワクしてしまう。
そして今日はF1イギリスGPが行われる。ポールは相変わらずメルセデスであるが、同じフロントローに今年初めてベッテルが割り込んだ。そして3番手はマクラーレンのバトン、ハミルトンは雨の予選でちょっとした判断ミスが響いて6番手に沈んでしまった。今日は晴れだと思うので追い上げてまたトップ争いに絡んでくるのであろう。
またインディカーシリーズも500マイルレースが開催され、佐藤琢磨は予選4番手であった。今年は不運なレースが続いてしまっているが、そろそろ決勝でも結果をだしてほしい。W杯がちょっと中休みのときはF1レース、寝不足が続いてしまう!
参考URL → 日本ハム公式サイト・写真転載サイト
参考URL → ブラジルW杯サイト・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-07-06 09:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20879831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ハミルトンがイギリスGPを制す... ベスト4はドイツとブラジル、そ... >>