ドイツが24年ぶりにタイトル獲得したW杯ブラジル

今朝行われたW杯決勝もお互いに死力をだしたいいゲームだったと思う。アルゼンチンはメッシを攻撃に専念させる作戦のようで、ほとんど守備にはまわらない作戦をとった。一方ドイツはパス中心にアルゼンチンゴールに迫った。
d0183174_844869.jpg

お互いに前半終了間際のドイツCKからのチャンスを除くと決定機はそれほどなかったように思えた。後半開始直後にアルゼンチンに決定機がやってきた。ここは惜しくもシュートが外れてしまったが、チャンスはアルゼンチンに多くなってきているようであった。
後半ともなるとお互いにチャンスを生み出し、後一歩で得点のチャンスをつくるが、どうしても1点が奪えず、試合は延長戦となった。延長前半にもアルゼンチンが決定機をつくるがここでも得点できずに試合は延長後半へ。そろそろPK戦かと思っていたところ、左サイドをドリブルで駆け上がったシュールレからのクロスを途中出場のゲッツェが胸トラップ。落ち際を左足で合わせてついにゴールネットを揺らした。
途中出場し、この試合もそれほど活躍しておらず、解説の岡田さんが苦言を呈していたゲッツェが得点をあげた。この後、残り時間をドイツが守りきり、1990年以来、統一ドイツとなって初めてのW杯を獲得した。
d0183174_8233119.jpg

シュールレ、ゲッツェともに20代前半の選手、これからのドイツをけん引していくであろう2選手が決勝ゴールを演出した。ドイツは考えてみるとネイマールやメッシなどというビッグネームはいないが、粒揃いの選手を集めたチームであり、よく戦術が理解され、チームとしてW杯を勝ち上がったと思う。今後はドイツのようなチームづくりが主流となるのではないかと思わせる今回のW杯だった。
なおMVPはアルゼンチンのメッシ、最優秀GKはドイツのノイアーが獲得した。MVPは5大会連続して優勝チーム以外からの選出であった。
W杯はこれぐらいにして、MotoGPの結果を少々。
昨日開催されたドイツGP、決勝は雨はやんだ決勝のスタート、ほとんどのライダーがウェットタイヤを選択した中、ブラドルはスリックタイヤを選択。10人以上のライダーがピットスタートとなってしまった。
そんな中でもマルケスの速さは群を抜いていたようで、ピットスタートしてからわずか6ラップでトップにたち、開幕9連勝を飾ってしまった。マルケスの速さは飛びぬけているようである。
d0183174_8234445.jpg

参考URL → W杯・写真転載サイ
参考URL → MotoGP・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-07-14 08:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20905866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 集団的自衛権容認についての国会... 個人技頼みのサッカーの終焉か、... >>