162kmとフェアとイベントなど

昨日のオールスター戦、BS放送ではホームランダービーから中継されていた。私の知っているホームランダービーはセパから数名の選手が選ばれそれぞれリーグとして何本のホームランを打ったかで勝敗が決まったのがいつのまにか、セパから選ばれた2名の選手のトーナメントとなっていた。
これはこれで個人賞もでるので選手としてはやる気がでるのではないかと思った。セの代表はバレンティンとブランコのいかにも選ばれそうな選手であった。一方、パの代表は陽と柳田というどちらかというと中距離ヒッターというイメージの選手であった。
結果は、セパ対決でいずれもパの選手が勝ち、陽と柳田の決勝戦となった。先攻の陽が5本を打つと、柳田も負けずに4本打ち、最後のスイングから放たれたボールは惜しくもポール脇にそれて陽がホームランダービー初制覇となった。
さて試合は予告先発通り、藤浪、大谷という一昨年の甲子園を沸かせた2人の投手の先発ではじまった。試合前に速球勝負と話していたのか、両投手とも変化球は数球で速球主体のピッチングであった。その結果、藤浪はペーニャに3ランを打たれて2回を投げ、4失点に終わった。
一方の大谷は1イニング限定登板(16日の公式戦で先発しているので)であった。当初から160km超え宣言をしていたが、全23球のうち、半数以上が160km超えであった。特に先頭の鳥谷の2球目は162kmとオールスターなので公認されないがプロ野球最速に並ぶ速さをマークした。
d0183174_8481399.jpg

162kmは阿部の2球目にも記録され、阿部の談話によれば「クルーンよりも数段速い!」とのことであった。速球勝負に徹したので、3安打1失点となってしまったが、得るものは大きかったようだ。
試合は、ホームランダービーで準優勝だった柳田が大爆発、4安打の活躍でMVPを獲得し、パが打ち合いを圧倒した。
昨日から代々木公園では「ブラジルフェスティバル2014」が開催されているようだし、今日からヒカリエでは「G博 ゴジラ東京に現る」がはじまる。「G博 ゴジラ東京に現る」はヒカリエの後、8月14日からは大阪で開催されるそうだ。
d0183174_8482664.jpg

今日は午前中は天気がもちそうなので代々木公園まで出かけてみようかと思う。そして夜はNHKBSで「終の棲家」がドラマ化されて放送される。これも興味があるので見逃すことはできない(今週、来週の放送)。
そしてF1ドイツGP決勝がスタートする。予選でハミルトンがブレーキトラブルでクラッシュしてしまったがその影響はどの程度なのか、地元開催のメルセデスにとっては負けられない一戦であるのでこれも注目したいレースである。夜も見たい番組目白押しである。
参考URL → 大谷が日本最速162キロ・写真転載サイト
参考URL → マツダオールスターゲーム2014
参考URL → ブラジルフェスティバル2014
参考URL → G博 ゴジラ東京に現る
参考URL → 終の棲家
[PR]
by motokunnk | 2014-07-20 08:48 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/20925571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< F1ドイツGPはロズベルグ、こ... マレーシア航空機事故とオールス... >>