記録的豪雨とプロ野球、MLB

昨日、首都圏は過ごしやすい天気であったが、近畿地方は記録的な豪雨であったようだ。TVのニュースではそのことが伝えられていた。特に京都の福知山市では市全体が水没の危機に直面したようで、自衛隊に救助要請がでたとの報道があった。
今朝の朝日新聞社会面(下)で福知山市の市街地写真が掲載されているが、市街地全てが水没して褐色の泥水に埋もれてしまっている光景が映し出されていた。
d0183174_08285752.jpg
雨が上がれば水は引くのであろうが、これほど大きなエリアが水没するとは想定していなかったのではないかと思う。後始末がたいへんだろう。一度泥水に浸かってしまうと再利用可能なものはほとんどないのが実状である。
さて昨晩、日本ハムの大谷翔平が2桁勝利を目指して先発した。相手は過去3連勝している埼玉西武、ここ数試合勝星から遠ざかってしまっているので今日こそはと期待していたが、いきなり初回に3ランを打たれてしまった。立ち上がりは制球力が不安定で変化球がままならなかったようである。味方打線も4番中田が絶不調、この3連戦はチャンスで凡退をくりかえしてしまっていたが、今日も打撃はしめって、6回同点に追いつくが、これも相手のミスに助けられたもの(同じ打者にパスボールと暴投という信じられない結果)、結局昨晩も引き分けに終わり大谷翔平の2桁勝利は次戦となってしまった。どうもここ数戦、疲れがとれていないような気がする。
そして今朝、ヤンキーズの黒田が苦しみながら8勝目をあげた。
こちらはTVで見ていたが、初回に失点した後は3者凡退をくりかえす見事な投球、味方打線が5回に4連打を集中して3点を取り逆転、7回に失点したが、見事な投球で8勝目をあげ、ワイルドカード争いに踏みとどまった。
d0183174_08290541.jpg
マー君の元気な姿も映っていたし、投球練習も再開して、変化球もそろそろ投げるようだと言っていた。長い野球人生を考えると無理は禁物、ベストの体調になってから頑張って欲しい。
マリナーズもタイガーズとの3連戦に勝越したし、ロイヤルズもアリーグ中地区首位をキープ、日本人メジャーリーガー所属のチームの好調さが伝わっている。今年のMLBワールドシリーズ、昨年は上原が胴上げ投手となったが、今年もワールドシリーズでの日本人メジャーリーガーの活躍はあるのだろうか。
参考URL → 近畿北部で記録的豪雨 死者5人に
参考URL → 西武vs日本ハム
参考URL → 黒田7回途中2失点で8勝目
[PR]
by motokunnk | 2014-08-18 08:30 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21015727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< がん早期発見の新たな血液検査法開発 迷いと発見の物産展 >>