錦織 92年ぶり快挙達成、テング熱も感染拡大?

昨日のテニス全米オープン準々決勝進出がかかった錦織vsラオニッチの試合はまさしく死闘という言葉がピッタリの激戦であったようだ。ラオニッチが1セットを先取、第2セット、第3セットともタイブレイクとなり、それぞれがとり、第3セットを終了してラオニッチが2-1とリードした。
d0183174_08064325.jpg
続く第4セットは逆に錦織が第11ゲームをブレイクして7-5とセットを奪取して最終第5セット。勝利の女神は錦織に微笑んだようで、第5ゲームをブレイクしてそのままリードしてベスト8進出を決めた。
これで次の対戦相手は第3シードのスタニスラス・ワウリンカ、強敵であるが頑張ってほしい。ちなみに錦織はこれで4大大会のセンターコートで初勝利だそうだ。センターコートでの試合は過去5戦全敗だったが、この勝利で待望の初勝利、この大会は初が似合う錦織である。
そしてテング熱の感染者が全国各地で報告されている。いずれの感染者も代々木公園を訪れたと言っているそうで、代々木公園を管理する東京都では蚊の採取と分析に着手したそうだ。
d0183174_08065089.jpg
我家のそばだけあって若干心配であるし、一昨日の防災訓練は代々木公園(場所は若干離れているが)で開催された。渋谷区でも動員がかかっていたそうなので、前から決まっていたとはいえもう少し配慮があってもよかったのではないか。これで、防災訓練参加者からテング熱感染者がでたら事件となることは必至である。
参考URL → 錦織 初8強
参考URL → 感染者35人に
[PR]
by motokunnk | 2014-09-03 08:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21075283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< デング熱感染拡大、エボラ熱も世... 岩隈13勝目、MLBもプロ野球... >>