全米オープン、MLB、地元では秋の例大祭

今朝は雨、昨晩から降り続いているがそれほど強くはないが、午前中は降り続きそうな勢いがある。
時系列に話題を振り返っていくと、昨日はMLB・マリナーズの岩隈久志が自身最多タイとなる14勝目をあげ、マリナーズの優勝戦線生き残りに貢献した。
出来事態はそれほどよくなかったようで、初回は味方の攻守に救われたようだ。相手投手も好調だったようだが、マリナーズの一発攻勢に屈してしまった。この試合、マリナーズは7得点すべてを4本のホームランであげている。
d0183174_08471747.jpg
岩隈は5回1/3を投げ4安打3失点3奪三振の内容であった。マリナーズは4連勝でワイルドカード争いは2位に進出した。
秋本番、地元では秋の例大祭開催の季節がやってきた。ふりだしは隠田神社からのようだ。昨日、そして今日と2日間のお祭りである。日中お参りしたが、人出はそれほど多くはなかった。行く途中で山車、子ども神輿を見かけたので参拝に来た人もその行列について繰り出していったのかもしれない。
d0183174_08472651.jpg
d0183174_08473334.jpg

地元の金王八幡宮、氷川神社は13、14日が秋の例大祭である。その準備がそろそろはじまり、街頭を照らす提灯がつけられてお祭りムードを盛り上げはじめている。今年の金王八幡宮の例大祭には13日夜にBEGINの奉納ライブがあるそうだ。
ライブといえば、17日に例大祭のある渋谷宮益御嶽神社では庄野真代のライブが午後6時から開催されるようだ。お祭りにもライブがつきものとなってきているのかもしれない。
最期はうれしいニュースで締めくくり。テニスの全米オープン準決勝、錦織圭が世界ランク1位のジョコビッチを6-4、1-6、7-6、6-3で破り、日本選手として4大大会男女シングルスで史上初めて決勝進出の快挙を成し遂げた。準々決勝に勝利して段階でランク8位以内に上昇することが確定しているが、大会後どこまで上昇するか楽しみである。
d0183174_08474000.jpg
4回戦で世界6位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、準々決勝で4位のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)、そして準決勝は1位のジョコビッチと上位ランカーを次々と破っての決勝進出である。決勝の相手はランク3位のフェデラーを破ったマリン・チリッチ(クロアチア)に決まった。ランクは16位、対戦成績は錦織の5勝2敗である。数字的には有利と思えるが、チリッチも準決勝は6―3、6―4、6―4でフェデラーを下しており絶好調のようだ。決勝は日本時間9日に行われるそうだが、悔いのない試合をしてほしい。
参考URL → BEGIN
参考URL → 日本勢初の決勝進出・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-09-07 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21088201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< F1イタリアGP、メルセデス対... デング熱感染は都内全域に拡大か... >>