プロスポーツの小ネタをひとつ、ふたつ

春スタートのプロスポーツもそろそろ終盤戦、優勝争いに目がいきそうだが、ひとつの記録が生まれそうな気配もある。
それはマリナーズの岩隈が握っている。彼の今シーズンの勝利数は14で、与えた四死球も14個である。このようにMLBで規定投球回数に達した投手で過去勝利数>四球という投手は3人しかいないのだそうだ。
その3人とは、クリスティー・マシューソン(1913年に25勝・21四球、1914年に24勝・23四球)、スリム・サリー(1919年に21勝・20四球)、ブレット・セイバーヘーゲン(1994年に14勝・13四球)だそうだ。ブレット・セイバーヘーゲンを除けば他2人は戦前のこと、この記録がいかに達成困難かがわかる。
d0183174_13080455.jpg
今日のアストロズ戦、岩隈が先発したが4回1/3で4失点で降板してしまった(1四球をだしてしまった!)。結果として15勝目は実現しないで逆に四死球が15個となってしまった。記録達成は困難な状況となったが、残る登板機会で無四球試合を達成してぜひ、MLB4人目の勝利数>四球の投手となってほしい。
そして錦織圭も9日現在世界ランキングは自己ベストの8位となり、ツアーファイナルへの出場が見えてきた。ツアーファイナルは世界でトップの8人のプレイヤーが戦う1戦である。トップ8というのは世界ランクとはちょっと違って、年初からの総獲得ポイントで上位8位に入らなくてはならないようだ。錦織は現在このポイントで6位につけており、後5大会で8位以内を死守すればはれてツアーファイナルに出場可能となる。
d0183174_13081326.jpg
全米オープンでは惜しくも初優勝を逃してしまったが、アジア人初となるツアーファイナルに向けて、新たな挑戦がはじまりそうだ。
参考URL → ATPシングルスランキング
[PR]
by motokunnk | 2014-09-11 13:10 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21101497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 61歳から厚生年金受給資格取得 プロ野球もそろそろ終盤、どのチ... >>