昨日は朝から漫画なみのドラマがあった

昨日は、MLBのスーパースター・ジーターの本拠地引退試合が行われ、NHK-BS1で放送された。元ヤンキースの松井秀喜さんもゲストとして呼ばれていた。
試合はヤンキースが2-2の同点から7回裏に3点をとりジーター本拠地引退試合を勝利で飾りそうであった。先発した黒田も8回を2失点でおさえる好投であった。しかしドラマは9回に訪れた。
ヤンキースのクローザーのロバートソンが2本のホームランを打たれて3点を取られてしまった。しかしここからが漫画さながらの展開であった。9回裏にヤンキースは一死2塁のチャンスでジーターが打席に入り見事にサヨナラヒットを打ってヤンキースに勝利をもたらした。
d0183174_08403809.jpg
たぶん、引退する選手がその引退試合(本拠地)でサヨナラヒットを打ったのは初めてではないだろうか。ニューヨーカーに愛されたジーターは記憶に残る名選手として歴史に名を残しそうだ。
日本では大相撲でとんでもない記録が生まれた。それは新入幕の逸ノ城が横綱・鶴竜をはたき込みで破り、市場最速の金星をあげたのだ。確かに相撲は立ち合いの変化で決まってしまったので相撲を良く知る人たちからは邪道だといわれそうだが、鶴竜の立ち合い、頭を下げすぎたいたので立ち合いの変化についていけなかったのにも問題はある。
d0183174_08404783.jpg
今日は白鵬戦である。横綱・白鵬は初顔合わせの新人にはめっぽう強いと言われているのでどんな相撲をとるかが注目である。逸ノ城は将来は横綱だろうと言われている逸材ではあるので大きく育ってほしいのだが、ここまで活躍するとは夢にも思っていなかった。
そして夜はアジア大会の女子サッカー準々決勝、日本vs香港戦を観た。なでしこジャパンはアジア大会ではヨーロッパ組を招集せずに若手中心でメンバーを組んでいるので香港戦の先発メンバーにも宮間、阪口の名前はなく、新鮮なイメージであった。
d0183174_08405358.jpg
格下の香港相手に前半早い段階で先制点をあげたのがよかったのか、得点を量産して終わってみれば9-0の完勝であった。ただ途中、攻撃が単調になるなど課題も見えた試合であったような気がする。準決勝はベトナム戦、そして決勝は韓国vs北朝鮮の勝者と戦う。準決勝は勝てるだろうが、決勝はかなり苦戦しそうな雰囲気である。
アジア大会連覇~W杯連覇へ突き進んでほしい。
参考URL → 本拠地最終戦で劇的なサヨナラ打
参考URL → 逸ノ城最速金星!
参考URL → なでしこ大勝

[PR]
by motokunnk | 2014-09-27 08:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21152933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 青山熊野神社の例大祭と御嶽山爆... デング熱対策に蚊を利用? >>