御嶽山噴火、なでしこジャパン、そして斉藤佑樹

朝のトップニュースは御嶽山の噴火~救出活動である。救出活動が進むにつれて死亡者の数が増えていくことに悲しみを感じる。火山灰の下に埋もれてしまった登山客が発見されたのかもしれないし、登山道の途中で息絶えてしまったのかもしれない。
噴火直後と思われる山小屋の中の映像が映し出されていたが、見る間に噴煙で窓の外が暗くなり、その後噴石が屋根をたたく音が入っていた。地獄絵を見るような思いであったのではないか、あのような状況におかれてしまったら、死を意識したかもしれない。
いまだに家族、友人と連絡がとれない人も多数いるという。山頂付近は有毒ガスが発生しているようで救助は困難という情報がある。噴火が静まり、一刻も早く行方不明者の安否が確認されることを祈ろう。

仁川で開催されているアジア大会女子サッカー準決勝、なでしこジャパンはベトナム相手に3-0のスコアで快勝し、7大会連続してメダルが確定した。この試合、前半からボールを支配しベトナムゴールに押し寄せるが、ツメが甘いのか、ベトナムGKのよみが鋭いのかゴールを決めることはできなかった。
先制点は24分にCKから増矢がGKと競り合いこぼれた球を阪口が落ち着いて右足シュート。ゴール中央上へ入り先制した。

前半はこの1点のみであったが、後半も8分に宮間のCKを、ゴール前で相手が頭でクリアした球は自陣ゴールへ。クロスバーに当たり右サイドへ流れた球を北原がダイレクトボレーで中央へ。長船が頭で押し込み2点目をあげた。
この後、3点目も同じセットプレイからであった。得点すべてがセットプレイをいうのは若干気がかりではあるが、セットプレイからの流れで得点しているので問題はなかろう。
決勝は北朝鮮に決まった。ぜひ勝って、来年のW杯に弾みをつけてほしい。
そして夜のプロ野球、北海道日本ハムvs埼玉西武戦、当初は大谷翔平先発の予定だったそうだが、風邪で体調を壊して登板回避し、斉藤祐樹が先発のマウンドにあがった。2012年の開幕投手でもあり、栗山監督が期待している一人である。今年はいいときと悪い時の差が極端であったが、昨日は1回にホームランを打たれただけで本人も今年一番の投球ができたと言っていた。

その斉藤の好投で試合は4-1で勝利し、遅ればせながらCSへの進出を決めた。ソフトバンク、オリックスがもたついているのでチームコンディションからいけば日本ハムがベストではないだろうか。10月12日からCSがスタートするが、楽しみなCSとなりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-30 08:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21162597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 漫画のような出来事とワイルドカ... 御嶽山噴火は予想以上の被害、大... >>