台風一過とCSファーストステージ

昨日関東地方は朝から台風一過の晴天であった。午前中に所用があり渋谷まで出かけたが、途中でみる空は雲一つない秋空であった。晴れという天気は雲が半分以上空にあってもいうそうだが昨日の天気はまさに快晴だったと思う。
d0183174_08062159.jpg
さて夜はプロ野球パリーグのCS中継を観た。こちらも台風で順延された試合である。ドーム球場で開催されるので雨に関係されることなく日程が組めることがメリットであるが、来場する観客の便を考えての措置だったようだ。
試合はオリックスの先頭打者ホームランで幕をあけた。その後の1、2塁のチャンスは後続打者を抑えてこのまま0-1でオリックスリードのまま、試合は中盤にさしかかった。日本ハムは3回に満塁のチャンスを作るがあと1本のヒットがでない重苦しい展開であった。またオリックスも5回にこちらも満塁という絶好のチャンスを得るが併殺打でチャンスをつぶしてしまう。
試合が動いたのは過去2試合と同様、後半に入ってからであった。6回に一死1、3塁のチャンスを得た日本ハムは稲葉を代打に起用し、見事にライト前にヒット! これで同点となった。前の試合も一時は勝越しとなるヒットを放っており、このまま引退はおしいと思える活躍である。ただ前2試合と違い、ここからも重苦しい試合展開が続いた。特に8回裏、オリックスは一死3塁のチャンスをむかえ、打者は糸井であった。ここで日本ハムは宮西を登板(体調が万全ではなかった)させ、糸井、岡田を連続三振に打ち取り、試合は延長戦となった。
d0183174_08062890.jpg
10回表、今までチャンスで打てなかった中田が起死回生の勝越しホームランを放ち、この1点を増井が守りきって2-1で日本ハムが勝利し、CSファイナルステージに歩をむけた。久しぶりに手に汗握る(日本ハムファンの一人としては)いい試合であった。
今日から場所を移して福岡ヤフードームでソフトバンクと日本シリーズ進出をかけたの試合がはじまる。今の日本ハムの勢いが優るか、ソフトバンクの実力(たぶん12球団一の打力)が優るか。試合は全てNHK-BSで生放送されるので、プロ野球ファンとしてはありがたいことである。

[PR]
by motokunnk | 2014-10-15 08:08 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21209777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ロイヤルズが29年ぶりのアリー... 台風が去って、いつものような晴天 >>