週末はイベント満載、事件もたくさん

昨日は事件、事故のニュースが多数報道された。その中で印象に残ったものを複数紹介したい。
まず昨日のブログでも書いたが、御嶽山噴火による遭難事故の行方不明者捜索活動が中止されたことがある。これから冬をむかえ、頂上付近の積雪もあり、救助活動は困難と判断されたようだ。
昨日は自衛隊のヘリに行方不明者の家族が乗り、山頂付近を空から眺めるセレモニーもあったそうだ。そして自衛隊が駐屯して行方不明者捜索活動の拠点となった王滝村の小中学校では全校生徒から隊員に感謝の歌が贈られたそうだ。
d0183174_08590716.jpg
自衛隊を観る目が変わってきたことを示す心温まる事柄であったと思う。
そして政治の世界ではまたまた不祥事発祥である。自民党でスキャンダル皆無と思われており、ちまたの評判では女性宰相候補とも言われていた小渕優子経済産業相の後援団体が政治資金報告に虚偽の記載をしたとの疑いが発覚した。
数年前の観劇で支援者から受け取った金額と劇場に支払った金額が異なっており、支援者は通常より安価な金額で観劇を楽しめたことが利益供与にあたるということである。
d0183174_08591789.jpg
小渕優子大臣にしてみれば、寝耳に水の話であったろうし、数年前といえば小渕優子大臣周辺もまさかこんなに注目されるとは思っていなかったのではないだろうか。やったことは事実であろうから辞任は必至であろう。選挙活動に団扇を配り、選挙公約が書いてあるからビラと同様という屁理屈を言う大臣もおり、安倍内閣の閣僚(特に女性)は国会で狙い撃ちにあっているようだ。
野党にしてみれば大多数を占める与党に対抗する手段のひとつではあろうが、この問題で本来国会で議論すべき政策論がおろそかになってしまうのは勘弁である。
そして夜はプロ野球CSのファイナルステージ、セリーグは阪神が3連勝して日本シリーズ挑戦権まであと1勝となった。2年前は中日に3連敗してから3連勝した巨人であるが、果たして今年はどうであろう。今日1勝すれば勢いはでるだろうが今日の試合、果たしてどちらが勝つだろう。
もう一つの試合、パリーグのソフトバンクvs日本ハムの試合は日本ハムの陽岱鋼がCSに入ってからの不振が嘘のような大活躍(3安打5打点)を魅せて快勝し、成績を五分にした。栗山監督の口ぐせであった「陽岱鋼が打てばチームが勢いづく」を実践するような試合であった。
d0183174_08592699.jpg
ただ、試合は12-4と一方的であったが、安打数は12-14とソフトバンクの方が多く、日本ハムの得点もホームランを除けば3点となり、タイムリーの差が勝敗を左右したともいえる。
実際、1回表に4点を先制されたが、その裏に1点を返し、二死満塁に攻めたあとでタイムリーがでていればこの試合はソフトバンクのものになっていたかもしれない。そう感じた試合であった。今日は午後1時にプレイボール、セパで試合開始時間が異なるので両方の試合を観ることができそうだ。
そして今日は愛知県の「三菱航空機」内の工場で国産ジェット機の機体が公開される。YS-11以来の国産旅客機として期待されているジェット機であり、すでに500機(これで損益分岐点をクリアーしたそうだ)の受注があるそうだ。
来年春には飛行試験も開始されるということ、日の丸旅客機が世界の空に飛びだすのも時間の問題かもしれない。

[PR]
by motokunnk | 2014-10-18 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21218960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2歳女王の復活なるか、秋華賞の予想 エボラ出血熱感染と御嶽山捜索中止 >>