小ネタを少々、今日のブログ

今日は週に1回の出勤日、たまたまカミさんは町内会の研修旅行で箱根まで1泊旅行、ということで真っ暗な家に帰宅(朝でるときに、外灯がつけておいたので真っ暗ではなかったが)した。何年ぶりの経験である。
一日いろいろなことがあったが、ネットを見ていて温まるニュースがこちらである。御嶽山の噴火事故で小学生の女の子が大人のジャケットを羽織って亡くなっていた。そのジャケットの持ち主がわかり(残念ながら亡くなっていた)、家族のもとへジャケットが届けられたそうである。
ご両親は息子さん(亡くなったのは息子さんだった)を「息子が女の子を守ってあげようとした勇気を褒めてあげたい」とコメントしたそうだ。親としては息子を亡くした悲しみもあるだろうが、息子が負傷していてもなおそばに避難した小学生を助けるためにジャケットを羽織らせた行為は賞賛ものだと思う。願うことなら二人とも生還していれば美談となったであろう。
また、ネットを見ていると、日本ハムの戦い方についてコメントされていた。「敗れて強し。日本ハムが貫いた奔放かつ緻密な野球」と題して栗山監督のしたたかさを解説している。
d0183174_19072792.jpg
大谷翔平、上沢直之、近藤健介など期待の若手が育ったCSであったと思うし、我慢して使った栗山監督もたいへんだったであろうと思う。育成しながら勝ち続けることは困難だが、今年の日本ハムは一応Aクラスとなり、CSでも見せ場をつくったのでファンとしては来年が楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2014-10-22 19:08 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21232683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世紀の万能薬なのか、最近の富士... 2大臣辞任、マニング新記録、そ... >>