NFLも最終週でプレイオフ進出チーム決定、事故のニュースも

AFC、NFCで未定であった1つのポジションがすべて決まった。あと残されたことはAFC北地区の優勝がシンシナティ・ベンガルズになるのかまたはピッツバーグ・スティーラーズになるのかである。
この試合は日本時間で10時半にはじまるが、いずれのチームもプレイオフ進出は決めているのでワイルドカードプレイオフを地元開催できるかどうかを決める戦いでもある。
さてAFCの残る1つはワイルドカード進出枠であった。サンディエゴ・チャージャースが星1つの差でリードしていたが、アウェイでプレイオフ進出の可能性を残しているカンザスシティ・チーフスと対戦。そして7-19で負けてしまった。
その結果として可能性はカンザスシティ・チーフス、ヒューストン・テキサンズ、ボルティモア・レイブンズの3チームの争いとなった。結果は3チームともに勝利をおさめ、その結果、ボルティモア・レイブンズが最後のワイルドカード進出を決定した。
AFCのプレイオフ進出の6チームはニューイングランド・ペイトリオッツ、デンバー・ブロンコス、インディアナポリス・コルツ、ピッツバーグ・スティーラーズ、シンシナティ・ベンガルズ、そしてボルティモア・レイブンズの6チームである。
一方でNFCでは南地区の優勝が最終戦にもつれ込んでしまった。全チーム負け越しの中で優勝したのはカロライナ・パンサーズであった。一時は6連敗をするなどして優勝争いから脱落したかに思えたが、4連勝を決めて見事に地区優勝を勝ち取った。NFC南地区で連覇したチームはなく、カロライナ・パンサーズが初めてのチームだそうだ。
その結果、NFCのプレイオフ進出チームはシアトル・シーホークス、グリーンベイ・パッカーズ、ダラス・カウボーイズ、カロライナ・パンサーズ、デトロイト・ライオンズ、アリゾナ・カーディナルスの6チームとなった。
今年のスーパーボールはアリゾナ・カーディナルスの本拠地で開催される。そのアリゾナ・カーディナルスはシーズン序盤から中盤にかけて快進撃を続けて地区優勝を決め、第1シードも獲得してしまう勢いであった。しかし終盤にQBのカーソン・パーマーが負傷し、代役となったドリュー・スタントンもまさかの負傷、第3のQBリンドリーを先発することになってしまい失速してしまい、ワイルドカードでの進出となってしまった。
そして初戦はカロライナ・パンサーズ、地区優勝を決め勢いにのるカロライナ・パンサーズの地元・バンク・オブ・アメリカ・スタジアムに乗り込んでの試合となる。果たして結果はどうなるのであろうか。
d0183174_10283932.jpg
マイアミ・ドルフィンズであるが、ニューヨーク・ジェッツに24-37で負けてしまった。これで昨年同様8勝8敗で今シーズン東地区3位でシーズンを終えた。NFLに限らずどのプロスポーツもホームアドバンテージがあると思うのだが、このチームはホーム、アウェイとも4勝4敗の五分、来シーズンはホームで勝つ試合を増やすことがプレイオフ進出の近道ではなかろうか。
1月4日からNFLは1カ月かけてプレイオフがはじまる。スーパーボールに進出する2チームはどのチームとなるのだろうか。
話題はかわり今朝の新聞を見ると、アジアの格安航空大手である「エアアジア」の旅客機がジャワ海上空で管制官との交信を絶ったと発表した。そういえばこの空域では今年の3月にマレーシア航空も行方不明になり、現在も機体は発見されていない状況である。
情報によればこの空域は悪天候の真っ最中でパイロットから飛行ルートの変更が要求されていたという。無事であることが一番であるが、年の瀬の中、事故が多発している。ギリシャでもフェリーが火災を起こして死傷者がでているというニュースもある。安全第一が重要だ。

追記:1月4、5日(日本時間)NFLワイルドカードプレイオフの試合組み合わせは下記の通りに決定した。
4日
NFC;アリゾナ・カーディナルスvsカロライナ・パンサーズ
AFC:ボルティモア・レイブンズvsピッツバーグ・スティーラーズ
5日
NFC:デトロイト・ライオンズvsダラス・カウボーイズ
ADC:シンシナティ・ベンガルズvsインディアナポリス・コルツ
いずれも好ゲームが期待される一戦となりそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2014-12-29 10:30 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21428507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 初日の出が気になる時期 今年も後数日、家の衣替えをしなくては >>